skip to Main Content

完璧な賭け:科学とギャンブルの間のリンクを示しています

この本にはどのような情報が含まれていますか?
「パーフェクトベット」は科学とギャンブルのつながりを示しています

Text

ギャンブルとは、「運が左右するゲームで遊ぶ活動または練習」と定義されています。

Text

ギャンブル理論には長い歴史があります

Text

この本は、科学的な追求と現代世界の発展がギャンブルから大いに恩恵を受けてきたことを説明しています。

Text

本について

Text

もっと見る
本のレビュー

“Text”

なぜあなたはその本を買うべきですか?

Text

続きを読む
何を待っていますか?今すぐ本を購入!

Text

私たちのブログからの最新

東アジア人は白人よりIQが高いのに、白人が世界の覇権を握ったのはなぜか?

世界的な統一IQテストを実施すると、東アジア人105、白人100、南アジア人85、ラテンアメリカ人85、黒人80という結果が出る。いつ、どんな機関が実施しても同じような結果が出るから、これは客観的事実なんだろう。想像してた以上に人種間の知能差はあるんだなぁ~というのが実感だ。

「人種間で知能の差がある」という事実はタブーに近く、日本ではほとんど報道されない。でも多くの人は口に出さないだけでわかってると思う。実際にアメリカで成功してるのは日本人、中国人、韓国人などの東アジア人が多く、彼らはアメリカの大学でも白人よりいい成績を収める。逆に黒人やヒスパニックは低所得層が多い。もちろん個人差はあるが、平均したら東アジア人、白人は黒人、南アジア人、ラテンアメリカ人より頭がいいのは間違いなさそうだ。

ここでひとつの疑問が起こってくる。大航海時代以降、現在まで、世界を支配したのは白人だった。

なぜ東アジア人じゃなかったのか?

大ベストセラーの『サピエンス全史』によると、ヨーロッパが大航海時代以降、世界の覇権を握った理由が整然と説明されていて、読んでいて目からウロコだった。その内容をかいつまんで言うと「ヨーロッパの人々は知的好奇心がアジアの人々よりはるかに強かった」ということだ。

Back To Top