skip to Main Content
科学とギャンブルのつながりを証明する『完璧な賭け』について

科学とギャンブルのつながりを証明する『完璧な賭け』について

英国人数学者アダム・クチャースキーは、『完璧な賭け:科学と数学でギャンブルにおける運の要素を取り除く』(原題:”The Perfect Bet: How Science and Math Are Taking the Luck Out of Gambling”)と題した本を執筆しました。本書では、現代世界の発展と科学研究が、ギャンブルから大いに恩恵を受けてきたと論じています。

クチャースキー氏は、ウォーリック大学で数学の学位を取得し、ケンブリッジ大学で応用数学の博士号を取得していることから、この分野に精通していると言えます。彼は、カードゲームやいくつかのカジノゲームは、数学者や科学者が日常生活に大きな影響を与える可能性がある理論を発展させるのに利用されていると述べます。心理学、数学、物理学、経済学といった多分野にまたがる本書では、今でもギャンブルが運や意思決定に関する洞察を生み出し続けている理由について説明されています。

歴史的に見ると、アラン・チューリングからガリレオまで、これまでの偉大な科学者らは、ギャンブルを観察して、新しいアイデアを生み出してきました。例えば、16世紀には、サイコロゲームの研究から確率論が生まれました。またポーカーも、ゲーム理論の誕生に大きく関わっています。

ギャンブルはリスキーな投資

そもそも「ギャンブル」とは、金銭を賭けて偶然性に依存するゲームを行うこと、と定義されています。熟練プレイヤーやプロギャンプラーは、ブラックジャックやポーカーなどのテーブルゲームには、勝率を高める基本的なスキルが存在すると考えています。クチャースキー氏は、人類史上最も優れた理論家や哲学者が使用しているスキルと、プロギャンブラーが意思決定の過程で使用するスキルは同じだ、と主張しています。

実際に、ギャンブルやカジノゲームは、確率論、ランダム事象と運、期待値の概念、効用の概念、モンテカルロ法、ゲーム理論、カオス理論などの重要な数学的概念を発展させる上で重要な役割を果たしました。

ギャンブルやその結果から得られる発見は、応用科学の分野でも多数ありますが、ギャンブラーにとっては皮肉なことに、カジノに”完璧な賭け”というものは存在しないようです。

長い歴史を持つギャンブル理論

本書『完璧な賭け』は、かなりの注目を集めましたが、科学とギャンブルの関係を探求した試みは、決して目新しいことではありません。最古のギャンブルの記録は、今から約5,000年前の古代エジプトにさかのぼります。古代エジプト人は、4つに区切られたボードの上で小骨を回転させ、目印がどこに止まるかについて賭けていたようです。

ローマ皇帝のクラウディウスは、有名なギャンブラーであり、その熱中さのあまり『サイコロで勝つ方法』という本を執筆しています。現代において、スロットで勝つ方法について本を書くのと同じようなものです。ただし、この古代に書かれた方法を現代で用いても、長期的な成功は得られないでしょう。

クラップス、ブラックジャック、ルーレットで勝つ方法については、数多くの本が書かれています。一方、科学研究とギャンブルの関係については、理論やアルゴリズムを探求するために、往々にしてゲームのデータが利用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back To Top