風俗嬢が欝になりやすい理由は、遺伝子からの警告じゃないだろうか?

2017年10月22日

風俗の仕事を続けていると、深刻な欝になる子が多いって話をよく聞く。確かに好きでもない男に性的サービスをする仕事なんて普通の神経じゃできないだろうし、そんなことを続けていれば欝になるってことは、女性じゃなくてもなんとなく判る。

じゃ、なぜ好きでもない異性とセックスするのは嫌なのか?

この問いには、遺伝子を考えたらすぐ答えが出る。すべての生物は、劣悪な遺伝子を体内に取り込むことを嫌がるからだ。体内に取り込んだ他の個体の遺伝子は、マイクロキメニズムにより自分の遺伝子と(ほんの少しだけど)混ざり合う。優秀な遺伝子ならいいけれど、劣悪な遺伝子を自分のものにするなんて誰でも嫌だ。だから相手の遺伝子を優秀だと認めた結果が「相手を好きになる」ということで、相手のことが好きじゃないというのは、劣悪な遺伝子を持っていると自分が判断した結果なのだ。

でも逆に個体的には、てっとり早く大金が手に入る風俗という仕事は魅力的なはず。ここで、遺伝子と個体の利害は真っ向から対立することになる。

そう考えてくると、風俗嬢が欝になるのは遺伝子の抵抗活動だと思えてならない。自己の利益のために劣悪な遺伝子を体内に入れる個体に対し「そんなことはやめろ」と遺伝子が警告を与えているんじゃないかな。遺伝子が個体の反生物的な行いをなんとかやめさせようとした結果が、欝になるってこと。遺伝子にしたら、固体が幸せになるかどうか?は知ったこちゃないのだから。

以上、僕が勝手に考えたことです。科学的根拠は全くありません(汗)。

まだコメントはありません

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません


*