遺伝子&生物ネタ

風俗嬢が欝になりやすい理由は、遺伝子からの警告じゃないだろうか?

投稿日:2017年10月22日 更新日:

風俗の仕事を続けていると、深刻な欝になる子が多いって話をよく聞く。確かに好きでもない男に性的サービスをする仕事なんて普通の神経じゃできないだろうし、そんなことを続けていれば欝になるってことは、女性じゃなくてもなんとなく判る。

じゃ、なぜ好きでもない異性とセックスするのは嫌なのか?

この問いには、遺伝子を考えたらすぐ答えが出る。すべての生物は、劣悪な遺伝子を体内に取り込むことを嫌がるからだ。体内に取り込んだ他の個体の遺伝子は、マイクロキメニズムにより自分の遺伝子と(ほんの少しだけど)混ざり合う。優秀な遺伝子ならいいけれど、劣悪な遺伝子を自分のものにするなんて誰でも嫌だ。だから相手の遺伝子を優秀だと認めた結果が「相手を好きになる」ということで、相手のことが好きじゃないというのは、劣悪な遺伝子を持っていると自分が判断した結果なのだ。

でも逆に個体的には、てっとり早く大金が手に入る風俗という仕事は魅力的なはず。ここで、遺伝子と個体の利害は真っ向から対立することになる。

そう考えてくると、風俗嬢が欝になるのは遺伝子の抵抗活動だと思えてならない。自己の利益のために劣悪な遺伝子を体内に入れる個体に対し「そんなことはやめろ」と遺伝子が警告を与えているんじゃないかな。遺伝子が個体の反生物的な行いをなんとかやめさせようとした結果が、欝になるってこと。遺伝子にしたら、固体が幸せになるかどうか?は知ったこちゃないのだから。

以上、僕が勝手に考えたことです。科学的根拠は全くありません(汗)。

-遺伝子&生物ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

チンパンジーと人間の子を作ろうとしたイワノフの挑戦と、スターリンの野望

人間と動物のキメラ(ひとつの生物の中に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じった状態)を作ろうとする試みは、世界各国で議論を呼んでいる。しかし、この嫌悪感に満ちた試みを1920年代に実行しようとした人物がい …

多夫一妻制における夫の遺伝子的損得勘定

「一夫多妻」という形態は動物の世界ではありふれたことだし、人間でも未開民族などではよくみられる。もちろん日本だって、法的には妻は一人だが複数の女性を実質的な妻として囲っている男は多い。でも「多夫一妻」 …

ドーキンスも鬼突っ込み!?進化論を全否定するキリスト教原理主義者の豪華本「創造のアトラス」

アメリカのキリスト教原理主義者による進化論の否定には呆れるばかり。実質無宗教の日本人にとっては信じがたい話だが、キリスト教原理主義者にとっては大真面目なんだろうな。2004年の調査でも、なんと55%の …

キングコングは一歩も歩けない!?

地球の生物のサイズは地球の重力の制約を受けるため、ある程度以上には大きくなれない。クジラがあんなに大きくなれたのは海中の浮力のおかげであって、陸上だったらあれほど大きくはなれなかった。 例えば、もしキ …

なぜ多様な生物が存在するのかをゲーム理論で説明してみた

なぜ地球上にはこれほど多様な生物がいるんだろう? 生物は環境に適応したものだけが生き残り、そうでないものは死んでしまう。皆さんご存知の「自然淘汰」というやつだ。ならば「強い生物」の方が「弱い生物」より …