遺伝子&生物ネタ

顔のいい男と、身体能力の優れた男。どっちが優れた遺伝子の持ち主なんだろう?

投稿日:2017年6月23日 更新日:

男の優秀な遺伝子には2タイプある

生物学者ドーキンスが提唱した「利己的な遺伝子」という学説を初めて知った時は本当に驚いた。簡単に言うと「生物は遺伝子が存続するための乗り物でしかない」という説だ。で、遺伝子は優秀な遺伝子とペアリングした方がたくさん子孫を残せる。だからオスもメスも、自分の遺伝子を少しでも優秀な遺伝子と合体させるべく、日夜努力しているというわけだ。

 でも、いつも疑問に思うのは、優秀な遺伝子とは何ぞや?ということ。

 人間で考えると、優秀な遺伝子を持ったメスとは、美しい女性ということで問題ないと思う。しかしオスの場合、優秀な遺伝子を持ったオス、つまりメスにモテる男は、2つのタイプに分かれる。1つは顔のいい男、もう1つは、身体のいい男。イケメンは当然モテる。でも、顔はいかついけどスポーツができたりケンカが強い男もモテる。どちらのタイプを好むかは女性によって決まっているようだ。顔のいい男と身体のいい男、どっちが優秀な遺伝子の持ち主なんだ?

※頭のいい男、生活力のある男、優しい男というのもモテる要素だと思うが、それは「遺伝子はたいしたことないけど、子供をちゃんと育ててくれそう」というメスの生殖戦略に合致しているからモテるだけで、ここで問題にしているのは純粋に「生物として優秀な遺伝子」です。お間違いなく。

新説?顔の良さは設計図通りに作られていてることの証明、身体の良さは性能がいいことの証明

で、ここからは僕が勝手に考えていることなんだけど・・。

 世界中の人間の顔を混ぜると美男美女になるらしい。ということは、人間としての基本的な設計図というものがあって、顔のいい男というのは「その設計図どおりにきちんと作られていますよ」という証明なんだと思う(逆に顔が悪いとは、設計図からどれだけ逸脱したかという証明)。設計図通りに作られている、つまり故障が少ない=病気になりにくいということだ。

次に「身体がいい男」。それは「設計図通りじゃないけど、性能はいいですよ」という証明なんじゃないだろうか。性能がいいから生存や生殖の場での闘争に勝ち残る可能性が高い。それはもちろん遺伝子の存続にプラスだ。

そしてメスの場合、生存や生殖のための闘争に巻き込まれる機会が少ないため、純粋に顔の良さだけで評価されるんじゃないだろうか?

故障の少ない男と性能のいい男、どちらを選ぶか? それは女の生殖戦略次第、ということなんだろうな。

-遺伝子&生物ネタ


  1. こうちゃん より:

    なるほどーと納得してしまいました。では設計もいい加減だし性能も良くない男は美女の生殖戦略に合致するべく頑張って勉強し優しい男を目指すとするか。
    しかし女子が頑張って綺麗に化粧などすることは戦略に合致しますが頑張って勉強する女子もいる訳で後者の女子の戦略はブスの戦略?

    • 管理人YG 管理人YG より:

      コメントありがとうございます。
      女性で頑張って勉強するのはなぜか?ですか。難しい問題ですね(苦笑)。
      身体的魅力で異性を獲得するのとは別の戦略なんでしょうかね。
      これ以上のコメントは差し控えさせてもらいます(汗)。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人間の子供とチンパンジーの知性の決定的な違い

動物は人間が思っているより、間違いなく賢い 動物の知能の研究は古くから科学者たちによって行われていて、今ではカラス、イルカ、ゾウ、イヌ、チンパンジー、ボノボといった動物は、簡単な道具を使ったり、鳴き声 …

ドーキンスも鬼突っ込み!?進化論を全否定するキリスト教原理主義者の豪華本「創造のアトラス」

アメリカのキリスト教原理主義者による進化論の否定には呆れるばかり。実質無宗教の日本人にとっては信じがたい話だが、キリスト教原理主義者にとっては大真面目なんだろうな。2004年の調査でも、なんと55%の …

輸血で性格が変わるのも、夫婦が顔が似るのも、マイクロキメリズムのせい?

輸血をすると性格が変わるとか、夫婦は顔が似てくるとか、生物学に関する都市伝説のような話は結構ある。でも実際に「輸血をしたら性格や嗜好が変わった」という報告はいくらでもある。だいたいが科学的に全否定され …

たんぱく質

生命が誕生したのは偶然か?必然か?

生命が偶然に誕生した確率は、ほぼゼロ? 天文学者たちは今、太陽系外の惑星を先を争うように探していて、1992年に初の系外惑星が発見されて以来、生命が存在できそうな惑星も多数発見されている。なぜ系外惑星 …

多夫一妻制における夫の遺伝子的損得勘定

「一夫多妻」という形態は動物の世界ではありふれたことだし、人間でも未開民族などではよくみられる。もちろん日本だって、法的には妻は一人だが複数の女性を実質的な妻として囲っている男は多い。でも「多夫一妻」 …