健康&ADHDネタ

運動はあらゆる病気の発症率を下げる「魔法の薬」

投稿日:2018年6月20日 更新日:

最近の様々な研究によって、運動は心臓発作、脳卒中、糖尿病、肥満、ガン、アルツハイマー病、ウツ病から身を守ってくれることが明らかになってきた。記憶力も増すし、早死にを防ぐ効果がどんな治療法よりも高い。そのうえ副作用はほとんどない。

ヒトは進化の間、ずっと活動的だった。私たちの祖先は狩猟採集者として獲物を追い、捕食動物から逃げていた。農業が行われるようになってからは、農場や工場で身体を動かして働いた。しかし効率化により農場や工場での仕事が減り、テレビやパソコン、テレビゲームが発明されると、ヒトは突如として身体を動かさなくなった。

今、そのつけが回ってきている。2009年、サウスカロライナ大学コロンビア校のスティーブン・ブレアは5万人以上の男女を調査した結果、心肺の体力不足が早死にの最大のリスク要因であることが明らかになった。

身体を動かさなくなったことで、それまでは稀だった病気が急増している。1935年、世界人口が20億人だった時、Ⅱ型糖尿病患者は世界中で推定1500万人だった。2010年、世界の人口は1935年の3倍になったが、Ⅱ型糖尿病患者は14倍になった。今やアメリカ人では成人の3分の1、子供の17%が肥満だという。

運動不足解消のため、アメリカ政府は早歩きや社交ダンス等の有酸素運動を週150分、ランニング、サイクリング、水泳等のもう少し激しい運動を週75時間行うことを推奨している。この程度の適度な運動を毎週きちんと続けることで、心臓病による早死にのリスクが40%低下し、Ⅱ型糖尿病の発症確率が58%も低下するそうだ。

さらに、この程度の運動を毎週きちんと行うと、なんとガンの発症率も低下するというから驚きだ。女性の乳ガンのリスクが50%、大腸ガンのリスクが60%下がるという。運動がどんなメカニズムでガンの発症を抑えるかはまだ分かっていないが、本当だとしたら驚きの効果だ。

運動は記憶力を向上させる効果もあるらしい。イリノイ大学アーバナシャンペイン校のアート・クレイマーは脳イメージング法によって120人の老人の脳を調べ、運動によって海馬の体積が2%増え、さらに記憶力も向上することを明らかにした。その効果は老人だけでなく、思春期前の子供でも運動することで海馬が大きくなるとのことだ。

運動はあらゆる病気の発症率を下げる「魔法の薬」なのだ。こんな凄い効果があってタダで副作用もない薬は他にない。テレビやネットを見ている暇があったら、運動しよう!

-健康&ADHDネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自閉症専門医と地震学者はいらない

自閉症児を持つ親のバイブル『光とともに』。泣きましたねぇ。篠原涼子主演のドラマ版も良かったなぁ。 息子が高機能自閉症と診断されてから 息子は高機能自閉症、いわゆるアスペだ。 幼稚園の先生から「一度、専 …

ガテン系の人がコンビニ店員に好かれるのは、筋肉が発達しているから?

コンビニのオーナーの話をネットで読んで、へぇーと思った。 コンビニの支払いでバレてしまう「人としての器量」 ガテン系、いわゆる肉体労働者の人は気さくで優しいのでコンビニ店員たち人気があるが、ダークスー …

ADHDのミスのほとんどは脳内メモリーの少なさに原因がある

にちゃんねるの「ストラテラ」のスレにこんなやりとりがあって、僕は「やっぱり一般の人はこう思うんだろうなー」とあらためて痛感した。 そのやり取りはというと… Aさん 電話の伝言や頼まれた雑用にはチェック …

病は気から?~プラセボ効果の逆バージョン「ノセボ効果」

Photo by Yuris Alhumaydy on Unsplash ニセの薬を与えられたにもかかわらず、その薬が効いたように感じる、いわゆる「プラセボ効果」があることは様々な研究により実証されて …

産んでいい障害と産んではいけない障害~産んでいいドットコム

産んでいいドットコムというサイトが物議をかもしている。このサイトは障害を出生前診断した上で、この障害は育てるのが大変だから「生まない方がいい」、この障害は育てるのにさほど苦労がないから「生んでもいい」 …