科学&宇宙ネタ

マヤの予言は当たっていた!? 未来人に「人類の転換点はいつか?」と聞いたら、2012年と言うかもしれない

投稿日:2017年12月22日 更新日:

最近「AIは人類にとって脅威になるか?」という議論が盛んだ。2045年にはAIの知能が人間を超えてしまうらしいから、ホーキング博士やイーロン・マスクじゃなくても、人々がAIを脅威に思うのは当然だ。

でも、こんな話を10年前に言ったら「夢物語だ」と笑われるのがオチだった。AIのスカイネットが人間を支配していて、反抗する人間をターミネーターが殺しにくる~そんな世界は「SFとしては面白いけど、現実になるのはまだまだ遠い先のこと」みたいな感覚だったと思う。しかしこの10年で、AIに対する認識は180度変わった。

その原因は皆さまご存知の「ディープラーニング」。「ディープラーニング」自体は1950年代に発明されたそうだが、それが再注目されたのは、「ディープラーニング」の学習にビッグデータが利用できるようになった2000年頃から。そして2012年の「アルファ碁がプロ棋士に勝った」「AIが猫の画像を認識できるようになった」という出来事でその優秀さが広く認知された。そして今日では「人間がAIに滅ぼされる」「AIが人間の仕事を奪う」といった記事を見ない日はない。

「火の発明」も「産業革命」も人類の一大転換点であることは間違いない。でも、それらはあくまでも「人間が優秀になった」出来事だ。しかしAIは違う。人類史上初めて「人間以上の知性を持ったモノが出現した」のだ。2012年を境に、人類は違うステージに突入したように思えてならない。

将来、地球の支配者が人間からAIに移ったとしたら、2012年は「人間の時代が終わり、AIの時代が始まった年」として認識されているかもしれないなぁ。

【追記】

2012年っていうと、マヤの予言で「人類が滅亡する年」として世間を騒がせたのが記憶に新しい。でもマヤの予言は「今のステージは紀元前3113年に始まり2012年に終わる」と言ってるだけで、別に「2012年に人類が滅亡する」とは言ってないみたいだ。もしかしてマヤの予言の「2012年」ってのは、このことなのか!?(笑)。

-科学&宇宙ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フロンティアスピリットを持つADHD遺伝子は、人類の存続に必要不可欠だった!?

マーズワン計画は、イギリスとオランダの団体が進める有人火星飛行プロジェクト。2026年に火星に人を送り込む予定だ(その後、到着予定が5年遅れとなり2031年になるという発表があった)。その大きな特徴は …

究極のエセ科学!?常温核融合が再注目されているみたいだ

日本・EU・ロシア・米国・韓国・中国・インドの7カ国が協力してフランスに建設している核融合炉、ITER(国際熱核融合実験炉)。しかし当初の目標に比べ実用化は大幅に遅れている。 人類の夢のエネルギー常温 …

我々は死を経験する最後の世代?人が死ななくなるのはいつ頃か

Photo by Hugues de BUYER-MIMEURE on Unsplash 人が死ななくなるのは時間の問題 20世紀を代表する物理学者のリチャード・ファインマンは「死が不可避である生物学 …

なぜ柿の種のピーナッツは下にたまるのか?粒状物質の不思議な性質

白く見える物質がピーナッツ。なぜピーナッツが袋の底付近に集まるかは、現代科学では未だ解明されていない。【Image Credit 亀田製菓】 固体でも液体でもない、砂の不思議な性質 砂は固体の粒ででき …

コップ一杯でヨーロッパが全滅!!史上最強の毒物、ボツリヌスH型

ロシア反政府活動家暗殺に使用された最強の放射性物質ポロニウム210 2006年11月、元ロシア連邦保安庁の職員、アレクサンドル・リトビネンコは、元KGBの職員と会い、紅茶を飲んだ。リトビネンコはロシア …