心と意識&健康ネタ

自閉症スペクトラムがあるなら、非自閉症スペクトラムもあるはず

投稿日:2017年3月4日 更新日:

「愛子さまは自閉症ではないか?」と子供の頃から言われてきた。力士の名前を全て覚えていた、逆さバイバイをした、といった点がその根拠みたいだ。「カミングアウトするべき」というアホみたいな意見も結構あった。

でも、自閉症って連続体(スペクトラム)だから、こっからが正常、こっからが自閉症って区別をするのは難しい。これが統合失調症だったら、統合失調症の人と正常な人ははっきり区別できる。でも自閉症は正常な人、自閉傾向のある人、軽度自閉症の人って、はっきりした境界がない。報道で知る愛子さまを見る限り、少しは自閉傾向はあるんだろうけど、正常の範囲内にはいるんじゃないかな。そもそもオタクってのも、平均よりは自閉傾向のある人たちの総称なんだからさ。

で、自閉症スペクトラムがあるのなら、反対の「非自閉症スペクトラム」ってのもあるはずだ。問題にならないから研究されないだけだと思う。自閉症の程度を度数で表したものを「自閉度」と定義したとすると、他人の心境を察して会話することに長けていて、人間関係を築くのが非常にうまい人って、自閉度がとても低い人なんだと思う。

例えば、やり手営業マンとかスナックのママとかは、自閉度が低そうだ。この自閉度に知能を加えたものが上図だ。場末のスナックのママとかは自閉度が低いけど頭は悪そうだし、これがもう少し知能が高いと高級クラブのママが務まるだろう。知能が高くて自閉度が低い人は間違いなく社会で成功するだろうし、知能も自閉度も高い人は学者に向いている。

ま、でも、知能が低いけど自閉度の低い人って、生きてるのがとても楽しそうに見える。ちょっとうらやましいかも。

-心と意識&健康ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

信頼のホルモン「オキシトシン」には、攻撃的に作用するダークサイドがあった!!

女性の出産時と授乳時、愛する人とのスキンシップやセックス、ペットとのふれあい等で分泌されるホルモン・オキシトシン。他人を信頼し協調する作用があり、さらには※自閉症の治療に有効かも?と今、注目されている …

モルヒネの鎮痛効果を遮断するとプラセボの鎮痛効果がなくなってしまう!?プラセボの摩訶不思議な現象

なんら有効成分のない薬剤でも「効果がある薬だ」と偽って患者に与えると、本当に効果が出てしまうことを「プラセボ効果」という。薬剤だけではく、白衣を着た医師が患者に安心する言葉を投げかけるだけでもプラセボ …

病は気から?~プラセボ効果の逆バージョン「ノセボ効果」

Photo by Yuris Alhumaydy on Unsplash ニセの薬を与えられたにもかかわらず、その薬が効いたように感じる、いわゆる「プラセボ効果」があることは様々な研究により実証されて …

健康状態に不安を持つ人は、移民排斥を支持する?

【Image Credit : 世界の歴史マップ】 嫌悪の感情は、感染症から身を守るために生まれた 「嫌悪」の感情は、人間が病原体や寄生生物から身を守るために進化したものらしい。腐った肉、嘔吐物、固ま …

なぜ人は命令されると盲目的に従ってしまうんだろう?

『愛を読むひと』。少年が年上の女性とのひと夏の恋を経験して大人になる的な『おもいでの夏』みたいな映画だと思ってたけど、実際に観てみると結構ディープな作品だ。文盲の女性ハンナを『タイタニック』のケイト・ …