社会&歴史ネタ

自殺を希望する人に安楽死の薬を支給するって案はいかがでしょう?

投稿日:2017年3月3日 更新日:

自殺を希望する人に安楽死できる薬を支給するという制度があればいいのになぁ、とずいぶん前から思っていた。死にたい人は苦しむことなく死ねるし、医療費や年金、生活保護費の削減にもなるから国の財政も助かる(今、認知症や寝たきりの老人が生きていくのに莫大な年金や医療費が使われていることを考えると、この国が破産するのも仕方ないかなって思える)。

それに今後、遺伝子研究の進歩により人はますます死ななくし、出生数は減る一方だ。そうなると、永遠に同じメンバーで生きていかなければならなくなる。それを緩和するためにも、死んでくれる人は貴重なのだ。

いいことづくめだと思う。

ただし、運用には慎重にならなければいけない。老人や大病の人への家族からの「早く死ねプレッシャー」があっては絶対にいけない。そこで、こんな感じで運用すればいいんじゃないか?と考えてみた。

若い人はやり直しがきくし、親とか親しい人が多く生存していれば悲しむだろうから、65歳未満は不可とする。専門のソーシャルワーカーを置いて自殺希望者へのカウンセリングを行い、その人の「死にたい」という願いが適切かどうか、他者から「早く死ね」というプレッシャーを受けてないか、を慎重に判断させる。同時に医師の診察を受けウツ病かどうかもチェックする。それらのチェックをクリアした人だけが、晴れて安楽死薬を手に入れることができるようにするのだ。

でも、この「安楽死システム」が実現するのは100%無理だろう。もし政府がこんな提案をしたら「生の尊厳を冒涜している」「人間は生をまっとうしなければいけない」とか言われて凄まじい非難を浴びるに決まってるし、次の選挙で議席を激減させてしまうだろう。

ネットの掲示板で「死にたい」という書き込みに対し「生きていればいいことがある」というレスよくみかける。いいことがある~無責任な言葉だ。治る見込みのない病気で苦しんでいる人が「早く死んで楽になりたい」と思うのは自然なことだし、そんな人に「生」を強要するのは人権侵害だと思う。

病気じゃなくても、例えば60代70代で伴侶も貯金も仕事も友人もなく「もう人生、終わりにしたい」と思っている人が、この先、生きていていいことがあるだろうか?

言うのは簡単だ。でも「いいことがある」と言ってる人だって、本当にそう思って言ってるんじゃない。他人を “無責任に” 励ますことで、自分がいい気分になりたいだけなのだ。

ちょっと話がズレたけど、スイスやベルギーでは治る見込みのない病気の人の安楽死を認めている(ベルギーには年齢制限もないらしい)。本当に素晴らしいと思う。日本も「生の尊厳」とか馬鹿みたいなキレイ事を言ってないで、早くそういったシステムを取り入れるべきだ。そうなれば、僕も安心して生きていられる。

 

参考リンク

-社会&歴史ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ローマ帝国が長く繁栄したのは安すぎる税金のせい?

塩野七生氏の「ローマ人の物語」を読んだ。その中で一番「へぇ~」と思ったのは、ローマが属州(征服地)に課した税金の安さだ。 ローマの市民権を持つものは、1%消費税と奴隷解放税の他は基本的に無税で、おまけ …

信長最愛の女性・吉乃を捏造した日本史史上最大のフェイク資料「武功夜話」

「織田信長 天下を取ったバカ」吉乃役の麻生祐未 トランプ大統領誕生に貢献したクリントンに関するフェイクニュースや、日本人少女が韓国人にレイプされたという記事が拡散した偽ニュースサイトなど、巷にはフェイ …

世の女性は風俗嬢が嫌い~橋下氏の「米軍に風俗を」発言について

沖縄県うるま市の女性を殺害したなどの疑いで元米海兵隊員で軍属の男が逮捕された事件がありましたが、これに関して橋下徹氏がまた過去の問題発言を蒸し返している。 米兵等の猛者に対して、バーベキューやビーチバ …

ネット上ではほとんどの人が「アメリカは北朝鮮を攻撃すべし」と言っているけれど…

ネット上では「アメリカは北朝鮮を攻撃すべし」という意見がほとんどだ。でも、もしロケットボーイがやけくそになって核ミサイルを撃ってくれば、韓国と日本で何十万、何百万という人が死ぬことになる。ネトウヨたち …

税金が官僚のポケット直行?特別会計の闇と小沢一郎冤罪事件

特別会計って知ってました? 僕は情けないことに、今まで特別会計ってものをあまりよく知らなかった(亀井静香氏が埋蔵金がどうのこうのって言ってたから、名前ぐらいは知ってたけど)。で、その額が今まで国家予算 …