社会&歴史&映画ネタ

自殺を希望する人に安楽死の薬を支給するって案はいかがでしょう?

投稿日:2017年3月3日 更新日:

自殺を希望する人に安楽死できる薬を支給するという制度があればいいのになぁ、とずいぶん前から思っていた。死にたい人は苦しむことなく死ねるし、医療費や年金、生活保護費の削減にもなるから国の財政も助かる(今、認知症や寝たきりの老人が生きていくのに莫大な年金や医療費が使われていることを考えると、この国が破産するのも仕方ないかなって思える)。

それに今後、遺伝子研究の進歩により人はますます死ななくし、出生数は減る一方だ。そうなると、永遠に同じメンバーで生きていかなければならなくなる。それを緩和するためにも、死んでくれる人は貴重なのだ。

いいことづくめだと思う。

ただし、運用には慎重にならなければいけない。老人や大病の人への家族からの「早く死ねプレッシャー」があっては絶対にいけない。そこで、こんな感じで運用すればいいんじゃないか?と考えてみた。

若い人はやり直しがきくし、親とか親しい人が多く生存していれば悲しむだろうから、65歳未満は不可とする。専門のソーシャルワーカーを置いて自殺希望者へのカウンセリングを行い、その人の「死にたい」という願いが適切かどうか、他者から「早く死ね」というプレッシャーを受けてないか、を慎重に判断させる。同時に医師の診察を受けウツ病かどうかもチェックする。それらのチェックをクリアした人だけが、晴れて安楽死薬を手に入れることができるようにするのだ。

でも、この「安楽死システム」が実現するのは100%無理だろう。もし政府がこんな提案をしたら「生の尊厳を冒涜している」「人間は生をまっとうしなければいけない」とか言われて凄まじい非難を浴びるに決まってるし、次の選挙で議席を激減させてしまうだろう。

ネットの掲示板で「死にたい」という書き込みに対し「生きていればいいことがある」というレスよくみかける。いいことがある~無責任な言葉だ。治る見込みのない病気で苦しんでいる人が「早く死んで楽になりたい」と思うのは自然なことだし、そんな人に「生」を強要するのは人権侵害だと思う。

病気じゃなくても、例えば60代70代で伴侶も貯金も仕事も友人もなく「もう人生、終わりにしたい」と思っている人が、この先、生きていていいことがあるだろうか?

言うのは簡単だ。でも「いいことがある」と言ってる人だって、本当にそう思って言ってるんじゃない。他人を “無責任に” 励ますことで、自分がいい気分になりたいだけなのだ。

ちょっと話がズレたけど、スイスやベルギーでは治る見込みのない病気の人の安楽死を認めている(ベルギーには年齢制限もないらしい)。本当に素晴らしいと思う。日本も「生の尊厳」とか馬鹿みたいなキレイ事を言ってないで、早くそういったシステムを取り入れるべきだ。そうなれば、僕も安心して生きていられる。

 

参考リンク

-社会&歴史&映画ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「自分さえ良ければいい」と莫大な借金を作った老人たち。その借金をなぜ若者が返さなければいけないのか?

財部誠一/借金時計 中国の「ヤフー知恵袋」的なサイト『知乎(チーフー)』に載った「日本人のダメなところ」という記事がなかなか鋭かった。 日本人は毎回、自分たちの誤りを総括する際にまずは言い訳を考え、改 …

税金が官僚のポケット直行?特別会計の闇と小沢一郎冤罪事件

特別会計って知ってました? 僕は情けないことに、今まで特別会計ってものをあまりよく知らなかった(亀井静香氏が埋蔵金がどうのこうのって言ってたから、名前ぐらいは知ってたけど)。で、その額が今まで国家予算 …

アベノミクスは今のところ大成功のようだ

アベノミクスが第一目標としたデフレ脱却はほとんど実現できていないが、バブル崩壊後から20年以上にわたって続いてきた景気の後退は、アベノミクスにより終息したようだ。その恩恵はとりわけ雇用面で明らかだ。 …

愛子さま

愛子さまが超秀才らしいぞ!

皇室大好きな僕にとって嬉しいニュースがありました。それは愛子さまが超秀才らしいということ。なんでも成績はオール5で、学年でもトップクラス。東大も夢じゃないらしい。その優秀さを示すのが、学習院初等科の卒 …

大好きな作家・村上春樹のノーベル賞騒動に思うこと

近年、この時期の定番行事と化した「村上春樹ノーベル賞受賞」騒ぎ。若い頃、村上春樹にハマっていた僕としては、ノーベル賞を取ってくれると凄く嬉しい。でも、村上春樹に関することがネットで話題になる度に「アン …