肛門と性器が近い(下付き)女性ほどオーガズムが得やすい!

2018年6月8日
マリー・ボナパルト(出典 ANTIQUE GALLERY SOLEIL

下付きは上付きよりオーガズムが得やすい

女性の膣の位置で「上付き」「下付き」という言葉がある。「上付きだと正常位を好み、下付きだと後背位を好む」なんてことが通説として言われている。

この「上付き」「下付き」を研究した女性学者がいた。フランス初の女性精神分析学者ナルジャニ博士だ。

肛門と性器の距離は人によって違い、1.5センチから4.5センチの幅がある。1924年、ナルジャニ博士は「肛門性器間距離が2.5センチ以下の女性(つまり下付き)はセックスの時、オーガズムが得やすい」という研究結果を発表した。さらに80年後の2000年頃に発表された研究データでも、肛門と性器の距離の短かさとオーガズムを得やすさは相関があることが示された。

肛門と性器の距離は、胎児期に浴びた男性ホルモンの量で決まる

胎児が子宮の中で浴びるテストステロン(男性ホルモン)の量が少ないと、女性の肛門と性器の距離は短くなることがわかっている。逆に男子の場合、肛門と性器の距離が短いと将来、男性不妊症になりやすい。つまり男女を問わず、胎児期の男性ホルモンの量が少ないと肛門性器間距離は短くなり、多いと肛門性器間距離は長くなる。そして男性ホルモンが少ないこと(肛門性器間距離が短いこと)は女性には有利に働き、男性には不利に働くということだ。

ナルジャニ博士の正体は、ナポレオンの弟の孫、マリー・ボナパルト

このナルジャニ博士という人物、実はナポレオンの弟の孫で、本名はマリー・ボナパルト(1882-1962)。彼女は母親から莫大な遺産を相続したため大金持ちだった。

1907年、ギリシア王家の次男ジョルジュ・ギリシア大公と結婚するが、精神分析の大家フロイトに師事し恋愛関係に。ナチスが台頭してくると、自ら尽力しユダヤ人のフロイトをロンドンに亡命させる。その後もフランス大統領のアリスティード・ブリアンなど、数々の有名人と浮名を流した自由奔放な女性だった。

しかしマリーは膣への挿入でオーガズムが得られないことに強い不満を感じていた。そしてなんと彼女は、オーストリアの外科医の協力でクリトリスと膣を近づける手術を考案。その手術を6人の女性に実施した。その中の一人はマリー自身だった。

当然ながら、その手術の効果はなかった。それどころか手術により神経が傷つけられ、マリーの不感症は悪化した。

マリーはそんな失敗にもめげず、その後は心理学的な面から不感症に関する研究を続けた。いやはや、彼女のセックスへの探究心は凄いとしかいいようがない。

まだコメントはありません

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません


*