科学&宇宙ネタ

なぜ柿の種のピーナッツは下にたまるのか?粒状物質の不思議な性質

投稿日:2018年10月18日 更新日:

白く見える物質がピーナッツ。なぜピーナッツが袋の底付近に集まるかは、現代科学では未だ解明されていない。【Image Credit 亀田製菓

固体でも液体でもない、砂の不思議な性質

砂は固体の粒でできている。にもかかわらず液体のように流れ、時に風に乗って空を舞い、濡れると固まって小さな城を作る材料にもなる。すごく身近な物質なのに砂は以外と不思議な性質を持っている。

砂は正確に言うと「粒状物質」というカテゴリーに分けられる。これら粒状物質は、なぜそうなるのかはっきりと説明できないふるまいを見せる。例えば、大きさの異なる粒状物質を入れて混ぜると、最も大きい粒が上に集まってくる。「柿の種」や「キャラメルコーン」でピーナッツが袋の底に集まってしまうあの現象だ。つまり粒状物質は、自らを大きさで分類してしまうのだ。

物質は通常、時が経つにつてれ混じりあう。蓋の開いた香水を置いておくと、香水の分子は部屋中に広がっていく。しかし粒状物質は物理法則に逆らうかのように、自主的に層を作って並ぶ。しかし現代物理学をもってしても、その原因は解明されていない。

さらに濡れた砂を作って浜辺に山や城を作ることもできる。なぜ濡れた砂と乾いた砂がこれほど違ったふるまいをするのかもよく分かっていない。水が砂粒同士をくっつける糊のような機能を果たしているのだが、その力は意外に大きい。わずかな量の液体が、粒状物質のふるまいをがらりと変えてしまうのだ。

自己組織化臨界現象

この砂山が崩れる現象を科学的に考察したのが、デンマークの物理学者パー・バク(1948-2002)だ。

テーブルに上から砂を少しずつこぼし続けると、砂山は次第に高くなっていく。しかしこれ以上高くなれないところまで成長すると、上からこぼす砂の量に見合う砂が山のどこかで雪崩を起こし、テーブルの端から押し出された砂がこぼれ落ちる。このとき砂山は安定した形を保っているが、その安定は静的なものではなく、動的な砂の流れによって維持されている。これを臨界状態という。

臨界状態にある砂山では、砂粒のわずかな移動が引き金になって大小さまざまな雪崩が起こる。小さな雪崩は頻繁に起こるが、大きな雪崩は稀だ。これらの雪崩は一見ばらばらに起こっているように見えるが、雪崩の大きさと頻度の間には「べき乗の法則」が成り立つことを明らかにし、バクはこれを「自己組織化臨界現象」と名づた。

「べき乗の法則は自然界に共通して見られるありふれた現象であり、地震も、株式市場の変動も、種の絶滅も、人間の脳波も、自己組織化臨界というただ一つのシナリオの多様な現れにすぎない」とバクは語っている。

-科学&宇宙ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

地球温暖化を防ぐために人類ができること

2017年には冬季の北極の氷が観測史上最小を記録した。北極の氷が夏には消えてなくなるのも時間の問題みたいだ。 地球温暖化は加速している 今年の夏の暑さは普通じゃない。やっぱ地球温暖化は進んでるんだなぁ …

究極のエセ科学!?常温核融合が再注目されているみたいだ

日本・EU・ロシア・米国・韓国・中国・インドの7カ国が協力してフランスに建設している核融合炉、ITER(国際熱核融合実験炉)。しかし当初の目標に比べ実用化は大幅に遅れている。 人類の夢のエネルギー常温 …

マヤの予言は当たっていた!? 未来人に「人類の転換点はいつか?」と聞いたら、2012年と言うかもしれない

最近「AIは人類にとって脅威になるか?」という議論が盛んだ。2045年にはAIの知能が人間を超えてしまうらしいから、ホーキング博士やイーロン・マスクじゃなくても、人々がAIを脅威に思うのは当然だ。 で …

STAP小保方さんは第6位?世界の不正に捏造された科学研究ベスト9

「STAP細胞はありま~す」で一世を風靡した小保方晴子さん事件。小保方さんがまだ若い女性であること、内容が画期的だったことから注目を浴びたが、発覚が早かったので事件自体はそれほど社会に影響を与えなかっ …

カール・せーガンが想像した木星の巨大浮遊生物

TVシリーズ『コスモス』の司会進行、小説『コンタクト』『エデンの恐竜』の執筆など、多彩な活躍をみせる天文物理学者のカール・セーガン。彼の発想は夢があって面白いなぁといつも思う。そんなセーガンが想像した …