恋愛&生殖ネタ

男子の女子化が止まらない!草食系男子が増えた原因を考えてみた

投稿日:2017年4月15日 更新日:

セックスに興味のない男性が”本当に”増えている

イケメンなのに女性やセックスに淡白な「女子のような特徴を持った男子」すなわち「草食系男子」が増えているって、本当に不思議だ。当初は「一時的なブームだろう」って思ってたけど、今の若い男の子は本当に女とセックスしたがらないとか。この現象は、人類滅亡の前触れか?

国立社会保障・人口問題研究所の調査による「18歳から30歳までの独身男性で交際している女性がいない割合」が下のグラフ赤だ。これを見ると、それまで横バイだったのが、1995年頃から増加に転じているのがわかる。深澤真紀氏が「草食系」とネーミングしたのが2006年だから、出現から10年を経て「女に興味のない男子の増加」が人々に認知されたようだ。

草食系男子が増えた理由は?

草食系男子が増えたのには理由があるはずだ。ネットではその理由がいろいろ推測されている。

童貞が増えたから童貞が恥ずかしいことではなくなったから

童貞が増えたから草食系も増えたんじゃなくて、草食系が増えたから童貞も増えたのだ。これじゃ原因と結果が逆。ネタとしては面白いけど下らない。

ネットでいくらでもAVが見られるから

これも明らかに違う。性欲がネットで発散されるからリアル女子に興味がなくなったんじゃなくて、草食系男子は性欲自体が少ないように思える。

男女平等の教育が浸透してきたから

これはあるかもしれない。今、小学校では先生が男子も女子も「さん」づけで呼ぶとか。男子だけ「くん」で呼ぶのは男女差別だそうだ。アホらしい。男と女はもともと違うんだから、ある程度の区別はあって当然で、それは差別じゃない。それなら着替えもトイレも区別するなよ。って話がそれたけど、性差をなくす教育方針が「男の子らしさ」を減らす方向に作用していることは十分考えられる。でも、男子の性欲が減少した原因は、社会学的な理由じゃなくて、もっと生物学的な理由があるような気がする。

環境ホルモンの影響

環境ホルモンも男子が女性化した原因のひとつかもしれない。でも残念ながら詳しいことはまだ分かっていない。今後の研究で明らかにされる可能性はある。

で、ここからは僕の個人的意見。

テレビゲームの普及が男の子の”男性化”を阻害した

男の子が青年になって急に草食系になるとは考えられない。もっと子供の頃、小学校の低学年ぐらいまでに「草食系因子」にさらされたと考えるのが妥当だ。国立社会保障・人口問題研究所の調査対象の平均年齢は23歳ぐらい。草食系男子が明らかに増加しはじめたのは2000年頃。では、2000年に23歳だった男の子が8歳の時、つまり1985年頃に何があったのか? そう、テレビゲームが普及しはじめた頃だ。テレビゲーム&インターネットの普及率曲線は、草食系男子の増加曲線と約15年のタイムラグを経てほぼ一致する。

テレビゲームの出現は、男の子の遊びを根本から変えてしまった。

それまでの男の子の遊びの定番は、敵と味方にわかれて勝敗を競うというものだった。スポーツも基本は同じだ。男の子はこれらの遊びを通して、勇気や仲間との協力を学んだ。これは闘争のシミュレーションで、将来、立派な戦士となるための訓練を子供の頃からやっているのだ。きっと縄文時代の男の子だって、同じような遊びをしていたに違いない。

しかし、テレビゲームにはそんな要素はない。協力プレイもないこともないが、基本ひとりでプレイするし、死んでもすぐ生き返るから勇気を試されることもない。こうして、男の子が男になる訓練が不足したまま大人になった結果が「草食系男子」なのだ。

草食系男子の増加は、人類が宇宙へ進出するための準備?

この先、草食系男子が増えこそすれ減ることはないだろう。でもこういう考えもできる。男子が草食化やオタク化しているのは、今後、人類が宇宙に進出するための準備なのだと。何年もの間、宇宙船の中で滞在し、話相手はモニター越しの人間かロボットだけ。そんな生活に耐えられるのは草食系オタクだけだ。

今までの人類は、闘争に勝利するために体育会系の肉食系男子が必要だった。でもこれからは、機器を上手くあやつるオタクが人類にとって必要とされる時代になったのだ。草食系男子の増加は、人類の進化のひとつなのかもしれない。

-恋愛&生殖ネタ


  1. 匿名 より:

    「女が子供を産む」というだけで大炎上する時代
    そろそろ子どもは工場生産に移行すべき
    若くて腐ってない時期に卵と種を採取
    シャッフルして異常要因は排除
    必要数を生産してプロが個性に合わせて育児、教育を行い出荷する
    蜂や蟻等社会性が発達した社会では女王という名の工場に任せて
    一般民は苦痛から逃れて楽しく生活している
    頭の悪そうな宗教の呪縛のない日本ならやれるはずだ

  2. 待つ より:

    テレビゲームの普及という単語を見たとき、
    座りっぱなしになるのが悪いのではないか?
    といった議論になるのかと思いきや、「闘わなくなったから」という方向に
    向かっていったのは驚きました。

    6対6に分かれて相手の陣地を落とすLeague of Legendsというゲームは、
    競技人口が世界中で1億人を超えており、野球の競技人口を上回っています。
    それに、自分がプレイしているストリートファイターを含め、
    オーバーウォッチ、世界大会の賞金総額が28億円のDota2などを知っている身としては
    管理人様の説に首肯いたしかねる所存であります。

    管理人様の意見は例えていうならば、「アイスがたくさん売れると、海や川での溺死者が増える、だからアイスを食べるのは危険」というロジックです。恐らくご理解いただけると思いますが、アイスがたくさん売れるのも溺死者が増えるのもどちらも原因が暑い夏だからです。両者が相関関係にあるからといって、それらを安易に結びつけることは危険であり、背後に第三の変数が存在している可能性を考慮したほうがいいのでは?と老婆心ながら忠告させていただきます。

    • 管理人YG 管理人YG より:

      コメントありがとうございます。
      待つさんの言われることは、ゲームの中でも戦っている、ということですね。
      でも、痛みを感じたり、もしかしたら死ぬかもしれないリアルの戦いと、絶対に自分は傷つかないバーチャルの戦いは、似て非なるものだと思います。

      > アイスがたくさん売れると、海や川での溺死者が増える、だからアイスを食べるのは危険
      この部分は誤解されているようなので、訂正します。
      僕はテレビゲームが普及したことも、草食系男子が増えたことも、批判等は一切していませんし、危険とも書いていません。むしろ進化ではないか?といった書き方をしました。
      ご理解いただけたでしょうか?

  3. こうちゃん より:

    草食系男子とテレビゲームの関係性の仮説は興味深いですね。それがまた人類の進歩ですか、怖い話です。
    となると女子との交わりも当然少なくなり少子化がますます進みますよね。ある種のネズミは種が増え続けると入水自殺し数のコントロールするらしいですが女子化も増え過ぎた人間の無意識の数のコントロールかもって考えると怖いよね。

    • 管理人YG 管理人YG より:

      男性の女性化は人口をコントロールするための調節機能ですか。面白い仮説ですね。
      でもこれからは、自然に生まれてくる人間は減っていくでしょうから、それについてはあまり心配しなくてもいいと思います。今後、生まれてくる子供は、遺伝子を改変させた「デザイナーベビー」が主流になってくるでしょうから。
      でも、技術が完全に普及し価格が低下するまでの過渡期には「お金持ちだけしか優秀な子供を作れない」ってことになるはず。知能も容姿も運動能力もずば抜けているデザイナー子供と、それ以外の普通の子供が共存する社会ってのも、なんだか怖い気がしますね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

男が浮気した時の科学的言い訳?クーリッジ効果

第30代アメリカ合衆国大統領カルビン・クーリッジ 石田純一は不倫発覚後の記者会見で「不倫は文化だ」という名言を残したけど、ちょっと変えて「不倫は科学だ」と言ったらもっとインパクトがあったかも。そんな不 …

女性の性欲を高め副作用もないスーパー媚薬があった!

セックスでオーガズムを得られない女性は結構多い セックスでオーガズムを経験したことのない、つまり「イケない」女性は結構多いようだ。 もしオーガズムを感じないことが生殖活動にとってデメリットにはなるなら …

無性生殖の方が効率がいいのに、有性生殖が圧倒的に多いのはなぜか?

赤の女王 映画「アリスinワンダーランド」より 有性生殖は無性生殖より多大なコストがかかる 劇作家バーナード・ショーが、パーティーで美しい女優に言い寄られた時の話。女優が「私たちの子供を作らない? 私 …

肛門と性器が近い(下付き)女性ほどオーガズムが得やすい!

マリー・ボナパルト(出典 ANTIQUE GALLERY SOLEIL) 下付きは上付きよりオーガズムが得やすい 女性の膣の位置で「上付き」「下付き」という言葉がある。「上付きだと正常位を好み、下付き …

ルージュが赤いのは、人間にとって赤が特別な色だから

ヒトは赤色を重要な色として認識してきた。文化人類学者のブレント・バーリンと言語学者のポール・ケイは20カ国の言語の色彩語を調べ、「黒」と「白」(昼と夜の区別をするための色)の次に「赤」という色彩語が生 …