火星を地球のような環境にする、テラフォーミング

2016年7月1日

他の惑星を人間が住める環境に作り変えることを「テラフォーミング」という。

僕はこの言葉を知った時、「SFの世界の夢物語」だと思いました。でも、火星のテラフォーミングは、現在の科学技術でもそれほど難しいことではないらしい。

テラフォーミングの方法はいろいろ考えられている。まず巨大な鏡を火星近くの宇宙空間に設置して太陽光を集めて極地に照射、またはメタンなどの温室効果ガスを散布し、極地の永久凍土を溶かす。極冠の氷が溶 けると大気中に水蒸気と二酸化炭素が増えて温室効果が働き、気温が上昇する。気温が上昇すると火星内部の氷が溶け、温室効果が加速する。十分に気温と大気 密度が上がったら、藻類を持ち込んで酸素を作らせる。ここまでのプロセスは100年ぐらいあればできるそうだ。火星上空に巨大な鏡を設置するのは相当難しそうだが、100年後ぐらいには可能になっているような気がする。とするとテラフォーミングに100年かかるから、200年後には火星に人間が宇宙服なしで暮らしているかもしれない。

太陽の寿命はあと50億年だから、地球の生命もそこで終わってしまう

という話をよく聞きく。でも50億年後に人間が地球だけに住んでいるとは到底思えない。きっと人間は宇宙の様々な場所に進出しているだろうし、もしかしたら別の宇宙で暮らしている可能性だってある。200年後には火星に住んでいる可能性があるんだから。

地球は人間にとってゆりかごのようなものだ。しかし、ゆりかごの中で一生を過ごす者はいない

ロシアの物理学者で「ロケット工学の父」と言われるコンスタンチン・ツィオルコフスキーの有名な言葉だ。いつか人類はゆりかごを出て外の世界を知ることになるだろう。その時に生きていないのが本当に残念だ。生まれる のが少し早すぎたかな。

まだコメントはありません

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません


*