映画&芸術ネタ

映画「コンタクト」にみる地球外知的生命の探査プロジェクト、SETI

投稿日:2016年10月26日 更新日:

僕には叶いそうもない夢がある。それは…

死ぬまでに地球外知的生命体の存在を確認したいということ。

地球外知的生命体といっても、UFOに牛の血を抜き取られたとか、宇宙人に妊娠させられたとか、同じクラスに顔が宇宙人に似た奴がいる、みたいな矢追純一的なものじゃない。地球外知的生命体が 発する電波を地球で受信できれば、彼らの存在が確認できる。その試みは既にNASAで行われていて「SETI(セチ)」と呼ばれている。

そのSETIを題材にした映画が「コンタクト」だ。SETIに携わる女性天文学者のエリーを演じたのはジョディ・フォスター。知的な女性役ならハリウッドNO.1だ。

エリーはある日、宇宙から 届く人工のものとしか思えない電波をキャッチする。その電波を解読すると、なんと宇宙船の設計図! アメリカは総力をあげてその宇宙船を建造するが、 地球外知的生命との交流に反対する人たちのテロにより破壊されてしまう。しかし大富豪・ハデンが日本の北海道で密かに建造していたもう一機は無事完成し、エリーが搭乗員に選ばれる。エリーが宇宙船に乗ることに反対する恋人 に、エリーは言う。

人がどこから来てどこへ行くのかが少しでもわかるなら、命を懸ける価値はある

彼女の気持ち、ADHDな人ならわかるよね! 僕ももし地球外の文明を見ることができるなら、死んだっていいと思う。残念ながら、その機会はきっと来ないだろうけど。でもいつか、いつの日にか、人類は地球外文明とコンタクトを取ることになるだろう。人類も宇宙のファミリーに加わるのだ。想像しただけでわくわくする話じゃないか!!

-映画&芸術ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大好きな作家・村上春樹のノーベル賞騒動に思うこと

近年、この時期の定番行事と化した「村上春樹ノーベル賞受賞」騒ぎ。若い頃、村上春樹にハマっていた僕としては、ノーベル賞を取ってくれると凄く嬉しい。でも、村上春樹に関することがネットで話題になる度に「アン …

個人的に大好きな、リアリティのあるSF映画&ドラマ12選 ②

月に囚われた男(映画 / 実写) サム(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギーを採掘するため、3年間の契約で月にたった一人で滞在している。地球との直接通信は許されず、話し相手は1台の人工知能コン …

葛飾応為

北斎の娘で天才絵師の葛飾応為もADHD?

『吉原夜景図』という浮世絵を見て衝撃を受けた。従来の浮世絵とは全く違ったからだ。浮世絵は陰影を描かないのが普通だけど、この『吉原夜景図』は行灯の 光とその影が作品に幻想的な雰囲気を作り出していて、まる …

個人的に大好きな、リアリティのあるSF映画&ドラマ12選 ①

個人的に大好きな、リアリティのあるSF映画&アニメをご紹介します。どれも派手なアクションとかほとんどないので、退屈だと思う人も多いかもしれません。ちなみに、名作の誉れ高い「2001年宇宙の旅」は入って …

つ、ついに「魔法少女まどか☆マギカ」を観てしまった(汗)

僕は今まで生きてきて「萌え系アニメ」に分類されるものを一度も見たことがなかった。あの絵やキャラにすごく抵抗感があったし、顔がみな同じで髪の色と髪型だけで登場人物を判別するという、萌え系アニメのお約束も …