社会&歴史&映画ネタ

映画「コンタクト」にみる地球外知的生命の探査プロジェクト、SETI

投稿日:2016年10月26日 更新日:

僕には叶いそうもない夢がある。それは…

死ぬまでに地球外知的生命体の存在を確認したいということ。

地球外知的生命体といっても、UFOに牛の血を抜き取られたとか、宇宙人に妊娠させられたとか、同じクラスに顔が宇宙人に似た奴がいる、みたいな矢追純一的なものじゃない。地球外知的生命体が 発する電波を地球で受信できれば、彼らの存在が確認できる。その試みは既にNASAで行われていて「SETI(セチ)」と呼ばれている。

そのSETIを題材にした映画が「コンタクト」だ。SETIに携わる女性天文学者のエリーを演じたのはジョディ・フォスター。知的な女性役ならハリウッドNO.1だ。

エリーはある日、宇宙から 届く人工のものとしか思えない電波をキャッチする。その電波を解読すると、なんと宇宙船の設計図! アメリカは総力をあげてその宇宙船を建造するが、 地球外知的生命との交流に反対する人たちのテロにより破壊されてしまう。しかし大富豪・ハデンが日本の北海道で密かに建造していたもう一機は無事完成し、エリーが搭乗員に選ばれる。エリーが宇宙船に乗ることに反対する恋人 に、エリーは言う。

人がどこから来てどこへ行くのかが少しでもわかるなら、命を懸ける価値はある

彼女の気持ち、ADHDな人ならわかるよね! 僕ももし地球外の文明を見ることができるなら、死んだっていいと思う。残念ながら、その機会はきっと来ないだろうけど。でもいつか、いつの日にか、人類は地球外文明とコンタクトを取ることになるだろう。人類も宇宙のファミリーに加わるのだ。想像しただけでわくわくする話じゃないか!!

●あわせて読んで下さい

ポール・アレンの死去により、地球外知的生命探査SETIが大ピンチ!

-社会&歴史&映画ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

個人的に大好きな、リアリティのあるSF映画&ドラマ12選 ②

月に囚われた男(映画 / 実写) サム(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギーを採掘するため、3年間の契約で月にたった一人で滞在している。地球との直接通信は許されず、話し相手は1台の人工知能コン …

自殺を希望する人に安楽死の薬を支給するって案はいかがでしょう?

自殺を希望する人に安楽死できる薬を支給するという制度があればいいのになぁ、とずいぶん前から思っていた。死にたい人は苦しむことなく死ねるし、医療費や年金、生活保護費の削減にもなるから国の財政も助かる(今 …

文字は人類史上、たった2回しか発明されなかった!

言葉を喋らない部族は人類史上存在しない 鳥は飛び方を発明するわけではないし、若い鳥が学校へ行って飛び方を学ぶわけでもない。鳥は飛び方を本能的に知っている。人間にとって言葉を喋ることは、鳥が飛ぶのと同じ …

紅林麻雄が生んだ5度目の冤罪~袴田事件

袴田氏をメインで取り調べた静岡県警の松本久次郎 袴田事件の再審請求が許可され、袴田巌氏が釈放された。まだ真相はわからないが、状況からみて冤罪の可能性が高い。この袴田事件に、静岡県警の冤罪王・紅林麻雄の …

ローマ帝国が長く繁栄したのは安すぎる税金のせい?

塩野七生氏の「ローマ人の物語」を読んだ。その中で一番「へぇ~」と思ったのは、ローマが属州(征服地)に課した税金の安さだ。 ローマの市民権を持つものは、1%消費税と奴隷解放税の他は基本的に無税で、おまけ …