心と意識&健康ネタ

意識は映画と同じように、静止画として認識されている

投稿日:2018年5月13日 更新日:

ドライブに出かけた時「行きより帰りの方が時間が早く感じた」という経験は誰にもあると思う。また「事故の瞬間がスローモーションに見えた」という経験をしたことがある人もいるだろう。これらの時間の感覚の変化は気のせいではなく、脳が見たものを意識として認識する際の周波数が違うからなのかもしれない。

抗体の研究でノーベル賞を受賞し、その後、脳や意識の研究を行った生物学者のジェラルド・エーデルマンの説によると、意識は映画と同じように、数10ミリ秒毎~数100ミリ秒毎に静止画として認識されるらしい。

その証拠に、40ミリ秒の感覚で2枚の画像を見せると、人間は2枚目の画像しか見えない。しかし脳スキャンなどで調べると、脳の視覚中枢が1枚目の画像を捉えていることがわかる。見てはいるのに意識として認識されないのだ。

入力情報を意識として認識するには、ニューロンの一群が数10ミリ秒から数100ミリ秒の間で、ともに響きあう必要があるらしい。青の車の情報がは100ミリ秒毎で振動するニューロンに伝えられ、赤の車は110ミリ秒毎に振動するニューロンに伝えられるといった具合に。こうして両者が混同しないようにしているというのだ。

エーデルマンの説が正しければ、先述の「行きより帰りの方が時間が早く感じる現象」も説明がつくように思える。行きは知らない道なので、脳はたくさんの情報をインプットしようとして、80ミリ秒毎に画像を認識したとする。しかし帰りは知った道なので安心して、120ミリ秒毎に認識した。すると、行きは帰りより1.5倍時間がかかったように感じるのだ。また事故のような緊急事態では、脳は危機を察知して20ミリ秒毎に画像を認識し、それで事故の瞬間がスローモーションのように見えた、ということだ。

意識や感情に関しての本質は未だに解明されていない。でも、こうした研究の積み重ねが、いつか「意識や感情の本質」を解明する日が来るのかもしれない。はたしてAIが意識や感情を持つ日は来るのだろうか?

-心と意識&健康ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

産んでいい障害と産んではいけない障害~産んでいいドットコム

産んでいいドットコムというサイトが物議をかもしている。このサイトは障害を出生前診断した上で、この障害は育てるのが大変だから「生まない方がいい」、この障害は育てるのにさほど苦労がないから「生んでもいい」 …

健康状態に不安を持つ人は、移民排斥を支持する?

【Image Credit : 世界の歴史マップ】 嫌悪の感情は、感染症から身を守るために生まれた 「嫌悪」の感情は、人間が病原体や寄生生物から身を守るために進化したものらしい。腐った肉、嘔吐物、固ま …

信頼のホルモン「オキシトシン」には、攻撃的に作用するダークサイドがあった!!

女性の出産時と授乳時、愛する人とのスキンシップやセックス、ペットとのふれあい等で分泌されるホルモン・オキシトシン。他人を信頼し協調する作用があり、さらには※自閉症の治療に有効かも?と今、注目されている …

新型うつ(非定型うつor適応障害)の原因はドーパミン不足じゃないだろうか?

※以下は僕の個人的な意見であり、医学的根拠はありません。 僕は嫌な仕事を先延ばししていると、うつ状態になることがある。 特徴は、気分が異常に落ち込む、何をするのもおっくうになる、身体が重くて起き上がれ …

つわりは胎児と母体、両方を守っている

つわりを経験した妊婦に流産が少ないことは昔から言われていた。「つわりは食品に含まれる有害な物質を排除する効果がある」と主張する学者も多数存在した。 コーネル大学のフランクスマンとシャーマンは、つわりが …