心と意識ネタ

意識は映画と同じように、静止画として認識されている

投稿日:2018年5月13日 更新日:

ドライブに出かけた時「行きより帰りの方が時間が早く感じた」という経験は誰にもあると思う。また「事故の瞬間がスローモーションに見えた」という経験をしたことがある人もいるだろう。これらの時間の感覚の変化は気のせいではなく、脳が見たものを意識として認識する際の周波数が違うからなのかもしれない。

抗体の研究でノーベル賞を受賞し、その後、脳や意識の研究を行った生物学者のジェラルド・エーデルマンの説によると、意識は映画と同じように、数10ミリ秒毎~数100ミリ秒毎に静止画として認識されるらしい。

その証拠に、40ミリ秒の感覚で2枚の画像を見せると、人間は2枚目の画像しか見えない。しかし脳スキャンなどで調べると、脳の視覚中枢が1枚目の画像を捉えていることがわかる。見てはいるのに意識として認識されないのだ。

入力情報を意識として認識するには、ニューロンの一群が数10ミリ秒から数100ミリ秒の間で、ともに響きあう必要があるらしい。青の車の情報がは100ミリ秒毎で振動するニューロンに伝えられ、赤の車は110ミリ秒毎に振動するニューロンに伝えられるといった具合に。こうして両者が混同しないようにしているというのだ。

エーデルマンの説が正しければ、先述の「行きより帰りの方が時間が早く感じる現象」も説明がつくように思える。行きは知らない道なので、脳はたくさんの情報をインプットしようとして、80ミリ秒毎に画像を認識したとする。しかし帰りは知った道なので安心して、120ミリ秒毎に認識した。すると、行きは帰りより1.5倍時間がかかったように感じるのだ。また事故のような緊急事態では、脳は危機を察知して20ミリ秒毎に画像を認識し、それで事故の瞬間がスローモーションのように見えた、ということだ。

意識や感情に関しての本質は未だに解明されていない。でも、こうした研究の積み重ねが、いつか「意識や感情の本質」を解明する日が来るのかもしれない。はたしてAIが意識や感情を持つ日は来るのだろうか?

-心と意識ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ人は命令されると盲目的に従ってしまうんだろう?

『愛を読むひと』。少年が年上の女性とのひと夏の恋を経験して大人になる的な『おもいでの夏』みたいな映画だと思ってたけど、実際に観てみると結構ディープな作品だ。文盲の女性ハンナを『タイタニック』のケイト・ …

ホモデウス 自由意志

『ホモデウス』に紹介されていた人間の意志に関する実験が怖い

待望のハラリの新刊『ホモ・デウス』を読んだ! 『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリの新作『ホモ・デウス』が発刊した。もう待ちきれずに買った。『サピエンス全史』は人類の歴史を今までにない斬新な …

信頼のホルモン「オキシトシン」には、攻撃的に作用するダークサイドがあった!!

女性の出産時と授乳時、愛する人とのスキンシップやセックス、ペットとのふれあい等で分泌されるホルモン・オキシトシン。他人を信頼し協調する作用があり、さらには※自閉症の治療に有効かも?と今、注目されている …

子育ての違いは、子供の性格や行動になんら影響を与えない

巷には育児書なるものが溢れている。どうやって育てれば子供を立派な人間に、幸せな人間にできるかは、パパやママの重大な関心事だ。 しかしひと口に「育児書」と言っても、その内容は千差万別だ。子供は優しく愛情 …

人は自分が「見るはず」と思っているものを見、「見ないだろう」と思うものは見ない

人間は自分が常識と思っていることに関して違う事実に直面すると、事実を自分の常識に変えて認識してしまうことがある。先入観が事実を捻じ曲げるという現象だ。これは誰もが思い当たる節があることだと思うけど、そ …