少子高齢化が深刻な日本。子供を増やすには、国家が出生を管理するしかないんじゃないか?(近未来の話)

2018年2月22日

日本の人口減少が深刻だ。2065年の日本の総人口は8800万人とか。このままでは日本は老人だらけの終わった国になってしまう。

では、出生数を増やすにはどうすればいいか? 真っ先に思いつくのは、子供を生んだ親にお金をあげることだ。産んだら1千万円支給とか、18歳になるまで毎月10万円支給とか…。

これならとりあえず出生数は増えるだろうが、この方法には根本的な欠点がある。それは、低所得層の子供が増えてしまうことだ。低所得の人たちは高所得の人より知的or性格的に劣る人が多いはず。そんな遺伝子が増えることは、日本の国力アップという点で非常にまずい。

もしこんなことを政治家が言ったら「優性思想につながる」とフェミニストの皆さんから猛烈に攻撃されるだろう。でも、ビッチがお金目当てに次々と子供を産む国なんて想像するだけで嫌だ。

そう考えると、国力をアップするには国が出生を管理するしかないんじゃないかと思う。優秀な遺伝子を選別して受精させ、人工子宮内で赤ちゃんになるまで育て、それを子育てを職業とする夫婦が育てるのだ(シングルマザーorファーザーでもOK。アンドロイドに助けてもらったら、1人で3~4人は楽勝で育てられる)。育ての親になるには国家資格が必要とかにしたら、DQNな親に育てられるよりよほどちゃんとした人間に育つだろう。もちろん自然に産みたい人は大歓迎! でもそんな若くてキトクな人は、今後ますます減っていくのは間違いない。

残念ながら人工子宮の技術はまだ完成していないが、つい最近、ヒツジを人工子宮内で育てることに成功したらしい。この技術は早ければ今後3~5年で人への安全性試験が始まるそうだ。人間が人工子宮で育つようになるのは時間の問題だ。科学の進歩のスピードを考えたら、あと10年もすれば実用化するだろう。

国家が遺伝子を選別して人工子宮で育てるってのはSFではよくある話だけど、そのシステムは「非人間的なもの」として主人公に破壊されるのがオチだ。でも現実を考えたら、国民の自主性にまかせていても子供が増えない以上、そうするしかないんじゃないか? 子供がほとんどいない社会なんて、ほんと終わってると思うから。

まだコメントはありません

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません


*