科学&宇宙ネタ

レイカーツワイルの予言した仮想空間をセカンドライフで垣間見た

投稿日:2018年11月23日 更新日:

セカンドライフ内で日本人が集う場所『ジャパン広場』。中央に見えるのが『東京オリンピック』のPR動画。ここにオリンピックの広告を掲載するなんて、日本政府もやるじゃん。

10年前に衝撃的な未来を予言したレイ・カーツワイル

「シンギュラリティ」という概念を最初に提唱したレイ・カーツワイルの名著『ポスト・ヒューマン誕生~コンピュータが人類の知性を超えるとき』を読んだ。内容をかいつまんで言うと「科学は指数関数的に進歩する。そして、その進歩が『特異点』を迎えた時、人類は新しい局面を迎える」というものだ(かいつまみ過ぎか?)。

10年ちょっと前に出た古い本だが、その時点でカーツワイルが唱えた未来の姿は衝撃的だった。人間を凌駕する人工知能が出現し、ナノマシンが体内に入って人間を改造し、経験や人格がWEB上にアップロードされるetc。SFを超えるような未来予測には驚くばかりだ。そして何より凄いのは、現実がその予測に着実に近づいているということだ。

彼の予言?の中で一番興味を引いたのが、バーチャルリアリティの話だ。

あなたがヴァーチャルリアリティの世界に入りたいと思えば、体内にいるナノロボットが現実世界の情報をすべてストップし、ヴァーチャル環境に適した信号に置き換える。脳はその合成された信号を現実のものと全く同じように捉える。
WEB上には探検するにはもってこいのヴァーチャル環境が勢ぞろいするだろう。実在する環境を再現したものもあれば、物理の法則を無視した現実にはありえない空想世界もある。我々はそんなヴァーチャルな場所を訪れ、AIや本物の人間(両者に違いはない)を相手に、ビジネスから官能的な出会いまで、様々な関わりを持つことができる。
ヴァーチャル・リアリティの世界では我々は1つの人格に縛られなくなる。外見を変えて別の人間になれるからだ。複数の相手向けに、複数の身体を同時に使い分けることもできる。両親が見たあなたとガールフレンドが見たあなたが別人、ということもありうる。
出典:『ポスト・ヒューマン誕生~コンピュータが人類の知性を超えるとき』

セカンドライフでVR空間を経験してみた

う~ん、凄い話だ(汗)。とゆーことで、そんな未来のVR空間を少しだけ体験してみたい!と思った僕は『セカンドライフ』をやってみることにした。

セカンドライフはアメリカのリンデンラボ社が運営するWEB上のバーチャル空間で、2000年代後半に一大センセーションを巻き起こした。日本の企業も「ビジネスチャンスに遅れるな!」とばかり広告を出した。トヨタはセカンドライフ内に支店を作り、電通は土地を買い占めた。しかしそれは一時の熱狂だった。ブームはすぐに去り、セカンドライフはオワコン(終わったコンテンツ)というレッテルを貼られてしまった。

しかしそれから10年、セカンドライフはずっと存続し、少しづつ進化していた。日本人に不人気だったアバターのデザインも改良され、訪問者数も着実に増えているらしい。時代がやっとセカンドライフに追いついた~という感じかな。

セカンドライフの最大の特徴は「ミッションがない」ということ。訪問者はルールを侵さなければ何をしてもいいし、何もしなくてもいい。だから「やってみたけど、何をしたらいいかわからない」という理由で辞めていく人が多いらしい。僕も実際にやってみてそう思った。とにかく「何をしていいかわからない」のだ。

最初のうちは楽しかった。外国人と翻訳機能を使っておしゃべりしたり、知らない場所を探検するのは新鮮な体験だった。でも、しばらくすると飽きてくる。その時、目的がなければセカンドライフを続けるのは難しい。

セカンドライフを続ける理由

セカンドライフを続けている人の理由は、男女で全く違うことに気づいた。

女性の目的は、友だちと会話をしたりオシャレを楽しんだりすること。セカンドライフ内の通貨、リンデンドル(L$)は日本円の半分ぐらい。ショップには様々な服はもちろん、アバターから身体の部品まで、ありとあらゆるものが売っている。値段は無料~400L$ぐらいかな(400L$の洋服を買うと実際に200円かかるのだ。これには驚いた)。でも女性たちはセクシーなボディや流行の洋服を買い、それらを装着して友だちに見せたりして楽しんでいる。それは実際にファッションを楽しむ感覚とほとんど違いがない。あとはたまり場的な場所で、やってくる友だちとまったり会話したりしている。

逆に男性の目的はずばり、セックスだ。なんとセカンドライフ内ではセックスもできる!(僕はやったことはない…残念ながら)。適当な女性に声をかけ友だちになり、仲良くなったらラブホテルに行ってセックスする(公共の場所で裸になることは禁止されているので、セックスをするためのラブホが設置されている!)。バーチャル恋愛&セックス環境は驚くほど整えられている。

外国人が屋外プレイをしているのに遭遇したことがある。裸の女性が男に引っ張られていたのだ。僕がいることに気づくと、彼らはすぐにワープして消えてしまった(笑)。
ミクシーとかでも恋愛が流行したが、ミクシーの場合はリアルで会うことが目的だった。でもセカンドライフでは実際に会うことはほとんどないみたいだ。

ネット上の出会いで一番恐ろしいのは、ネカマ~いわゆる「女性だと思っていた相手が実は男だった」というヤツだ。でも実際にプレイしてみて「みんなリアルを全く気にしていない」ことに気づいた。相手が男だろうが女だろうが関係なし。セカンドライフ上ではアバターがすべてなのだ。バーチャルな空間でバーチャルな恋愛を楽しむのに、リアルがどうのこうの言うのはヤボなのだ。

たまに年齢を聞かれることがあるが、そういう人はたいていセカンドライフ暦が浅い。キャリア半年以上の人から年齢や職業を聞かれたことはない。

ネトゲ廃人はますます増えていく!

誰もリアルを気にしていないという経験は、すごく新鮮だった。将来、VRがますます進化していくのは間違いない。我々はバーチャルな空間に徐々に慣れていき、VR空間でリアルを気にする人は減っていくだろう。そして、つまらない現実から逃避してネットにのめり込む「ネトゲ廃人」はますます増えていくはずだ。そうなったら、誰が金を稼ぐのか? アンドロイドが働くのだろうか? アンドロイドが進歩するまでに、先進国の人間の多くがネトゲ廃人になり、それが社会問題になるんじゃないだろうか? 真剣にそんな心配をしてしまう。

意識さえあれば、身体はいらなくなる?

セカンドライフをやってみて思ったことが、もうひとつある。それは「身体って、いらないんじゃないか?」ということ。VRで素晴らしく感動的な体験ができたら、誰もリアルに戻りたがらなくなるだろう。しかし、リアル身体は飯を食べなければ維持できない。それなら「身体はなくてもいいじゃん」と思う奴が現れても不思議じゃない。ネット上に自分の意識をすべてアップロードすれば、身体はじゃまなだけだ。

僕はセカンドライフは続かないだろう。素敵な恋人でもできない限り(笑)。でも「ネット上で生きるってのはこんな感じかな?」って体験できたことは収穫だった。

僕も死ぬ前に、意識をすべてWEB上に移してもらおうかな? たぶん間に合うだろう。


●参考文献
シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
レイ・カーツワイル著

レイ・カーツワイルの名著『ポスト・ヒューマン誕生』は、ぶ厚過ぎて読むには勇気が必要だ。そこで「内容をカットして薄くすれば売れるだろう!」とあざとく考えたNHK出版が、日本人に向けて出した一冊だ。科学に興味ある人なら読んでおいて損はなし!

-科学&宇宙ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

1で始まる数は30.1%、2で始まる数は17.6%…あらゆる数字を支配するベンフォードの法則

1881年、アメリカ人天文学者のサイモン・ニューカムはある日、科学者がよく使う対数表を見ていて、対数表のページが最初の方ほど汚れていることに気がついた。なぜか人は8や9から始まる数よりも1から始まる数 …

コップ一杯でヨーロッパが全滅!!史上最強の毒物、ボツリヌスH型

ロシア反政府活動家暗殺に使用された最強の放射性物質ポロニウム210 2006年11月、元ロシア連邦保安庁の職員、アレクサンドル・リトビネンコは、元KGBの職員と会い、紅茶を飲んだ。リトビネンコはロシア …

AI搭載のラブドールが普及すれば、人類は子供を作らなくなる?

映画『エクス・マキナ』。こんな美人だったら、たとえアンドロイドでも惚れてしまうぜ。 とてもシュールだった昭和のダッチワイフ 今、AIの進歩がすさまじいが、同時にラブドールの進化もすさまじいものがある。 …

マヤの予言は当たっていた!? 未来人に「人類の転換点はいつか?」と聞いたら、2012年と言うかもしれない

最近「AIは人類にとって脅威になるか?」という議論が盛んだ。2045年にはAIの知能が人間を超えてしまうらしいから、ホーキング博士やイーロン・マスクじゃなくても、人々がAIを脅威に思うのは当然だ。 で …

フロンティアスピリットを持つADHD遺伝子は、人類の存続に必要不可欠だった!?

マーズワン計画は、イギリスとオランダの団体が進める有人火星飛行プロジェクト。2026年に火星に人を送り込む予定だ(その後、到着予定が5年遅れとなり2031年になるという発表があった)。その大きな特徴は …