心と意識&健康ネタ

ベルソムラを飲んだら悪夢ばかり見るようになったぞ

投稿日:2016年11月23日 更新日:

ADHDの僕はとにかく眠れない。眠れないというのは正確じゃなくて、寝る時間が遅くなっていく。とにかく夜は眠くないし、朝は死ぬほど眠い。日中もいつも眠い。夕方ぐらいになると元気が出てきて、夜は絶好調になる。

一日が28時間ぐらいだったらちょうどいいのに」ってよく思う。

で、眠剤で寝る時間を調節してる。

ずっと飲んでいたのはマイスリー。非ベンゾジアミン系の代表的な薬だ。比較的副作用が少ないと言われてるけど、これをずっと飲んでいると、だんだん効かなくなってくる。久しぶりに飲むと効くんだけど、続けて飲んでいるともう「飲んでも飲まなくても変わらないんじゃないか?」と思えるぐらい効かなくなる。おまけに飲まないと今度は眠れなくなる。完全に眠剤依存だ。

この話をいきつけの診療内科の先生にしたら「新薬だけどいい薬がありますよ」と教えてくれた。ベルソムラだ。

この薬はなんでも、今までの眠剤とは作用の仕方が根本的に違うから、副作用や依存性が少ないとのこと。画期的な薬らしい。薬価が高いので多少迷ったが、新しい薬を試してみたいという衝動に負けて飲むことにした。

飲んでみての感想は、寝るだけだったらなかなか良い。すぐ眠くなるし、起きたら日中は眠くならない。夜は自然と眠くなってくる。「寝るだけ」ならマイスリーよりいいと思う。

しかし、僕はベルソムラを飲むのを断念した。とにかく嫌な夢をたくさん見るのだ。

僕はよく夢の中に、潜在意識にある劣等感が出てくる。ベルソムラはそういった類の嫌な夢を見る頻度が明らかに増える。朝起きた時、ぐったりとしていることが多い。きっと寝ている間ずっと、嫌な夢を見ているんだと思う。

同じくベルソムラを飲んでいる人は、どんな「悪夢」を見ているんだろう? すごく気になる。

-心と意識&健康ネタ


  1. チャコ より:

    ベルソムラは嫌な夢を見ます。
    私は知人の男性をナイフで
    刺す夢をみて、翌日は
    1日中 どんよりとした気分でした。

  2. 匿名 より:

    私は マイスリーから ベルソムラに変わったのですが…幽霊の夢を 結構リアルな物を見ますョ(ToT)
    昨夜は 金縛りにあって お経を唱えました

    • 管理人YG 管理人YG より:

      コメントありがとうございます。
      >金縛りにあって お経を唱えました
      いやー、かなりリアルな夢ですね(汗)。
      ベルソムラ、継続されるんですか? 断念されますか?

  3. こうちゃん より:

    眠剤を普段から使わない人間にとっては漠然とした興味しかないんだけどベルソムラなる薬はぐぐってみると副作用の項目に「悪夢」というのが確かにありました。
    やっぱりそうなんですね。睡眠でお悩みの方は本当に大変ですね。「悪夢」を見る確率が高くても頼らざるを得ないというのはお気の毒です。ロケットが月に行く時代に楽しい夢みれます眠剤が開発されても良さそうなんですがね。

    • 管理人YG 管理人YG より:

      コメントありがとうございます。
      >楽しい夢みれます眠剤が開発されても良さそうなんですがね。
      面白い発想ですね。「これ一錠のめば楽しい夢が見れます」なんて眠剤があったら、すごく売れるでしょうね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

意識は映画と同じように、静止画として認識されている

ドライブに出かけた時「行きより帰りの方が時間が早く感じた」という経験は誰にもあると思う。また「事故の瞬間がスローモーションに見えた」という経験をしたことがある人もいるだろう。これらの時間の感覚の変化は …

信頼のホルモン「オキシトシン」には、攻撃的に作用するダークサイドがあった!!

女性の出産時と授乳時、愛する人とのスキンシップやセックス、ペットとのふれあい等で分泌されるホルモン・オキシトシン。他人を信頼し協調する作用があり、さらには※自閉症の治療に有効かも?と今、注目されている …

子育ての違いは、子供の性格や行動になんら影響を与えない

巷には育児書なるものが溢れている。どうやって育てれば子供を立派な人間に、幸せな人間にできるかは、パパやママの重大な関心事だ。 しかしひと口に「育児書」と言っても、その内容は千差万別だ。子供は優しく愛情 …

ホモデウス 自由意志

『ホモデウス』に紹介されていた人間の意志に関する実験が怖い

待望のハラリの新刊『ホモ・デウス』を読んだ! 『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリの新作『ホモ・デウス』が発刊した。もう待ちきれずに買った。『サピエンス全史』は人類の歴史を今までにない斬新な …

つわりは胎児と母体、両方を守っている

つわりを経験した妊婦に流産が少ないことは昔から言われていた。「つわりは食品に含まれる有害な物質を排除する効果がある」と主張する学者も多数存在した。 コーネル大学のフランクスマンとシャーマンは、つわりが …