科学&宇宙ネタ

フロンティアスピリットを持つADHD遺伝子は、人類の存続に必要不可欠だった!?

投稿日:2017年4月3日 更新日:

マーズワン計画は、イギリスとオランダの団体が進める有人火星飛行プロジェクト。2026年に火星に人を送り込む予定だ(その後、到着予定が5年遅れとなり2031年になるという発表があった)。その大きな特徴は「片道切符の旅」ということ。火星へ行ったら二度と地球には戻れないという過酷なものだ。

そのマーズワン財団が募集した火星移住希望者に、世界中から20万人の応募が殺到し、1058人の候補者が選ばれた。この中から何人が火星に行けるのかはわからないが、本当にうらやましい。僕も若くて視力が良かったら絶対に応募したのになぁ。

でも、この話を友人にすると「片道切符なんだろ?俺は絶対に嫌だ」という奴がほとんどだった。やっぱ普通の人はそうなのか~とあらためて思った。

古来より、人間は常にフロンティアを求めて冒険の旅に出た。はるかな砂漠や大洋を渡り、新天地をみつけ、そこを新たな生活の地としてきた。そうしてアフリカから中東に出て、そして全世界に広がって行った。さらに今後は、宇宙へと生息域を拡大していくことだろう。

こうした「新しい場所へ行きたい」というフロンティアスピリットの持ち主は、絶対にADHDだ。普通の人(非ADHDの人)は安定した暮らしを望む。何があるかわからない未知の土地に行こうだなんて、間違っても思わない。でも、この「たとえ片道切符だとしても、未知の世界に行ってみたい」というADHDの特徴は、人類が生き残るために必要不可欠な要素だったといつも思う。

もし人類が特定の場所に固まって暮らしていたら、天災や疫病が発生した際、全滅する可能性が高い。でもバラバラに暮らしていたら、全滅は免れる。人間にADHDの遺伝子がなかったら、アフリカから出るまでに絶滅していただろう。賭けてもいい。

だから非ADHDの皆さん、ADHDをもっと暖かい目で見てやって下さいね!

-科学&宇宙ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

STAP小保方さんは第6位?世界の不正に捏造された科学研究ベスト9

「STAP細胞はありま~す」で一世を風靡した小保方晴子さん事件。小保方さんがまだ若い女性であること、内容が画期的だったことから注目を浴びたが、発覚が早かったので事件自体はそれほど社会に影響を与えなかっ …

1で始まる数は30.1%、2で始まる数は17.6%…あらゆる数字を支配するベンフォードの法則

1881年、アメリカ人天文学者のサイモン・ニューカムはある日、科学者がよく使う対数表を見ていて、対数表のページが最初の方ほど汚れていることに気がついた。なぜか人は8や9から始まる数よりも1から始まる数 …

コップ一杯でヨーロッパが全滅!!史上最強の毒物、ボツリヌスH型

ロシア反政府活動家暗殺に使用された最強の放射性物質ポロニウム210 2006年11月、元ロシア連邦保安庁の職員、アレクサンドル・リトビネンコは、元KGBの職員と会い、紅茶を飲んだ。リトビネンコはロシア …

地球温暖化を防ぐために人類ができること

2017年には冬季の北極の氷が観測史上最小を記録した。北極の氷が夏には消えてなくなるのも時間の問題みたいだ。 地球温暖化は加速している 今年の夏の暑さは普通じゃない。やっぱ地球温暖化は進んでるんだなぁ …

ユヴァル・ノア・ハラリの言うように、人間もAIに管理してもらった方がいいかも?

SFの定番、コンピュータが人間を管理する社会 コンピュータが人間を管理する社会ってのは、昔からSFのテーマとしてよく使われてきた。中でも個人的に印象に残ってるのが、萩尾望都の名作『地球(テラ)へ』だ。 …