人種&人類進化ネタ

ネアンデルタール人がホモサピエンスの遺伝子を持っていない理由を考える

投稿日:2018年5月19日 更新日:

ネグロイド(黒人)以外の私たちホモサピエンスは、ネアンデルタール人の遺伝子を約2%持っている。しかしネアンデルタール人はホモサピエンスの遺伝子を持っていない。ネアンデルタール人からホモサピエンスへの遺伝子流動は起きたが、その逆は起きなかったのだ。その理由は、次の3つが考えられる。

ネアンデルタール人の方がホモサピエンスより優勢だった

ふたつの集団が出会うと遺伝子は双方向に流動するように思えるが、実際はそのようなことは稀だ。通常、優勢な集団のオスが劣勢な集団のメスに子を産ませ、子どもはメスとともに劣勢な集団の中で育つ。遺伝子は優勢な集団から劣勢な集団へ流動するのだ。アメリカ南部やイギリスの植民地だったインドやアフリカで起こった、白人から奴隷への遺伝子流動はその典型的な例だ。ホモサピエンスが中東でネアンデルタール人と出合った当時はネアンデルタール人の方が優勢で、彼らはホモサピエンスを襲い、メスをレイプしていたのかもしれない。

ネアンデルタール人は絶滅してしまったので、ホモサピエンスの遺伝子が残らなかった

ホモサピエンスからネアンデルタール人への遺伝子流動もあったが、ネアンデルタール人はその後、人口を減らしていったので、ホモサピエンスの遺伝子が検知できなくなってしまった。逆にホモサピエンスは爆発的に人口を増やしたので、ネアンデルタール人の遺伝子がよく保存されたということだ。

遺伝子を調べたネアンデルタール人の化石は、ホモサピエンスと交配する前のものだった

ネアンデルタール人の遺伝子は、クロアチアのヴィンディヤ洞窟から出土した3.8万年前の3本の骨から調べられた。この時点では、ネアンデルタール人はまだホモサピエンスと交雑していなかったという可能性もある。しかしビンディヤ洞窟の骨は3.8万年前のもの。ホモサピエンスが中東でネアンデルタール人と出合ったのは5万年前ぐらいと言われているので、この可能性は低いかもしれない。

-人種&人類進化ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

なぜ白人は優秀で真面目で、黒人はテキトーで運動能力が高いか、あえて説明してみる

黒人は白人より運動能力に優れているが頭は悪い。性格も黒人の方がテキトーで、白人の方が規律をよく守る(もちろん個人差はあるが)。このことは周知の事実なんだけど、批判を恐れてか誰もこのことを詳しく語らない …

ネアンデルタール人と人類はセックスしていた!

写真/チューリッヒ大学人類学研究所のクリストフ・ツォリコッファーらによるネアンデルタール人の子供の復元図 一時期のマイブームは、ネアンデルタール人だった。もう寝ても覚めてもネアンデルタール人のこと考え …

人種は存在しない、という意見に関する私論

ブッシュマン。アフリカ南部の先住民で、遺伝的には現生人類の中で最も古い系統とされる。近年ではサン人と呼ばれている。 「人種は存在しない」という意見が最近、増えている。ホモサピエンスは過去に経験した人口 …

なぜ東アジア人より白人の方が知的好奇心が強いのか?考えてみた

以前、東アジア人の方がIQが高いのに白人が世界の覇権を握ったのはなぜか?という記事を書いた。東アジア人(中国人、日本人、韓国人)の平均IQは105、これに対し白人の平均IQは100。なのに19世紀以降 …

東アジア人は白人よりIQが高いのに、白人が世界の覇権を握ったのはなぜか?

主要国の国別IQ 香港、シンガポール 108 韓国 106 日本、中国 105 イタリア 102 モンゴル 101 イギリス、オランダ、ベルギー、カナダ 100 ドイツ、フィンランド、スウェーデン 9 …