遺伝子&生物ネタ

ドーキンスも鬼突っ込み!?進化論を全否定するキリスト教原理主義者の豪華本「創造のアトラス」

投稿日:2018年3月2日 更新日:

アメリカのキリスト教原理主義者による進化論の否定には呆れるばかり。実質無宗教の日本人にとっては信じがたい話だが、キリスト教原理主義者にとっては大真面目なんだろうな。2004年の調査でも、なんと55%のアメリカ人が「神が人を創造した」と考えているそうだ。やれやれ。

キリスト教原理主義者はなんと博物館まで作ってしまった。ケンタッキー北部にある『クリエーションミュージアム』だ。6000年前に神が全てのものを創りだしたという「創造論」を元に、進化論を全否定するようなユニークなオブジェや絵画が展示されている。入場料は35ドル、ノアの箱舟とのセットだと70ドル。

そんなキリスト教原理主義者が作った『創造のアトラス』という本がある。2007年刊行、全870ページ、オールカラーの豪華本で、なんと全米の学校や世界中の生物学者に無料で送られてくるそうだ。

内容は、生物の化石と今の生物を比較して「全然変わってないじゃないか。進化論はやっぱ間違ってる!」と主張するもの。

こんな豪華本を作って無料で送りつけるなんて、いったいいくらかかったのか? もったいないオバケが出そうだ。

この本に対し、キリスト教の創造論が大嫌いなリチャード・ドーキンスは「この写真のウナギって、ウミヘビじゃん! これはクモヒトデじゃなくて、ヒトデじゃん! このトビゲラって(釣り具の)ルアーじゃん! Graham Owenのサイトから画像パクってるな」と突っ込みまくっていた。

Graham Owenは芸術的なルアーを作るルアー職人。彼は「私の昆虫のレプリカのいくつかの写真が勝手に『創造のアトラス』に掲載され、化石標本と比較されて進化の理論を反証するための生き物と言われた」と怒っていた。その後、インターネット版からは彼のルアーは削除されている。

レプリカを生き物として紹介するなんて、もうムチャクチャだなぁ。しかし、そこまでして進化論を否定しようとするなんて、キリスト教原理主義者、恐るべし(汗)。

-遺伝子&生物ネタ


  1. 匿名 より:

    その『創造のアトラス』の制作者はキリスト原理主義者ではありません。トルコのイスラム創造論者です。
    Harun Yahyaことアドナン・オクタルという人物です。欧州各地の学校に送り付けられ物議を醸しました。勿論EUは教育での使用を禁止しました。
    英国以外では児童教育への創造論やID論の侵入を試みる問題は起きてない欧州でしたが、イスラム系移民が少なくない地域では大きな脅威でしょう。
    「科学的に問題のあるはずの進化論のみを教え、創造論を認めないのは多様性を認めることに反する」とか言われムスリム差別にすり替えられかねませんから。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

たんぱく質

生命が誕生したのは偶然か?必然か?

生命が偶然に誕生した確率は、ほぼゼロ? 天文学者たちは今、太陽系外の惑星を先を争うように探していて、1992年に初の系外惑星が発見されて以来、生命が存在できそうな惑星も多数発見されている。なぜ系外惑星 …

中国人が損得に敏感なのも、中国で科学が発達しないのも、科挙のせい?

中国籍のノーベル賞科学技術分野の受賞者はたった一人 ト・ユウユウ博士 中国人のノーベル賞受賞者はほんとうに少ない。物理学賞、科学賞、医学・生理学賞といった科学技術分野の受賞者で、中国人はわずか5人。そ …

キングコングは一歩も歩けない!?

地球の生物のサイズは地球の重力の制約を受けるため、ある程度以上には大きくなれない。クジラがあんなに大きくなれたのは海中の浮力のおかげであって、陸上だったらあれほど大きくはなれなかった。 例えば、もしキ …

風俗嬢が欝になりやすい理由は、遺伝子からの警告じゃないだろうか?

風俗の仕事を続けていると、深刻な欝になる子が多いって話をよく聞く。確かに好きでもない男に性的サービスをする仕事なんて普通の神経じゃできないだろうし、そんなことを続けていれば欝になるってことは、女性じゃ …

親が受けたストレスが子孫に伝わる?エピジェネティクスの不思議な力

遺伝子のオン・オフを制御する機能、エピジェネティクス 1卵生双生児はクローンなので、まったく同じ遺伝子を持っている。しかし2人の兄弟姉妹は全く同じではない。似てはいるが、外見も性格も微妙に違う。その理 …