科学&宇宙ネタ

カール・せーガンが想像した木星の巨大浮遊生物

投稿日:2018年2月18日 更新日:

TVシリーズ『コスモス』の司会進行、小説『コンタクト』『エデンの恐竜』の執筆など、多彩な活躍をみせる天文物理学者のカール・セーガン。彼の発想は夢があって面白いなぁといつも思う。そんなセーガンが想像した木星に住む奇想天外な生物が「シンカー」「フローター」「ハンター」だ。

木星は巨大なガスの塊で、一番上が水素とヘリウムからなる成層圏。その下が対流圏で、アンモニア、硫化水素アンモニウム、水からなる雲がある。その下は超高圧のため、水素とヘリウムが超臨界流体という気体と液体両方の性質を持つ状態になっている。

カールせーガンの木星生物シンカーは水素ガスの入った風船のような生物。何ヶ月も対流圏で漂っているが、次第に低層に落下し、やがて熱で死んでしまう。彼らは死ぬ前に生殖を行う必要があるのだが、別の方法もある。雨粒のように他の個体と合体することだ。合体して大きくなればなるほど表面積に対する体積の比率は増えるので、ある程度以上の大きさになるとシンカーは下降しなくなり、セーガンが「フローター」と名づけた別の生物に進化する。

カールせーガンの木星生物フローターは突然変異と自然淘汰を繰り返すことで感覚器官が進化し、クラゲみたいな足も生えて自分の好きな方向へ飛んで行けるようになる。大きさを制限するものもないので、何キロメートルもある巨大な都市サイズの生き物に成長する。

 

カールせーガンの木星生物フローターにとって一番重要なものは水素ガスだ。彼らにとって水素ガスは墜落死しないための必需品なのだが、水素を大気から分離するより盗む方が簡単なので、一部のフローターは他のフローターを捕らえて水素を摂取する「ハンター」へと進化する。

 

もちろんこれらの生物は想像上のものなんだけど、こんな壮大な生態系が存在する世界なんて、考えただけでワクワクするよなぁ。

1979年、NASAの探査機ボイジャーから送られてきた木星の画像には、フローターもハンターもそれらしき生物も何ひとつ写ってはいなかった。当たり前だけど、ちょっと残念。

地球外生命はいつ発見されるんだろう? その日がとても楽しみだ。

-科学&宇宙ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

被験者6人が次々に悶絶!ロンドンで起こった臨床試験史上最悪の事故

薬の開発に臨床実験は欠かせない。薬を1つ開発するのに、1万人の臨床試験が行われる場合もある。 以前は製薬会社が社内に臨床実験チームを持っていたが、現在、臨床実験はそれを専門的に行っている会社に外注する …

地球外知的生命は存在するか?

地球外知的生命体は存在するか? 結論はもちろん出ていないけど、個人的には必ずいると思ってる。ってゆーか、いないはずがない。 いない説をとる人たちの最大の主張はこんな感じ。 恒星からちょうど いい距離に …

地球温暖化を防ぐために人類ができること

2017年には冬季の北極の氷が観測史上最小を記録した。北極の氷が夏には消えてなくなるのも時間の問題みたいだ。 地球温暖化は加速している 今年の夏の暑さは普通じゃない。やっぱ地球温暖化は進んでるんだなぁ …

X線で記念撮影!? 放射線の危険性が知られていなかった頃の怖い話

マリー・キュリー(出典 立入禁止!プラモデル35分) 放射線は発見当時、放射線は危険なものとは思われていなかった 我々は放射線が極めて危険なものであることを知っている。しかし放射線が発見された当時、そ …

フロンティアスピリットを持つADHD遺伝子は、人類の存続に必要不可欠だった!?

マーズワン計画は、イギリスとオランダの団体が進める有人火星飛行プロジェクト。2026年に火星に人を送り込む予定だ(その後、到着予定が5年遅れとなり2031年になるという発表があった)。その大きな特徴は …