科学&宇宙ネタ

カール・せーガンが想像した木星の巨大浮遊生物

投稿日:2018年2月18日 更新日:

TVシリーズ『コスモス』の司会進行、小説『コンタクト』『エデンの恐竜』の執筆など、多彩な活躍をみせる天文物理学者のカール・セーガン。彼の発想は夢があって面白いなぁといつも思う。そんなセーガンが想像した木星に住む奇想天外な生物が「シンカー」「フローター」「ハンター」だ。

木星は巨大なガスの塊で、一番上が水素とヘリウムからなる成層圏。その下が対流圏で、アンモニア、硫化水素アンモニウム、水からなる雲がある。その下は超高圧のため、水素とヘリウムが超臨界流体という気体と液体両方の性質を持つ状態になっている。

カールせーガンの木星生物シンカーは水素ガスの入った風船のような生物。何ヶ月も対流圏で漂っているが、次第に低層に落下し、やがて熱で死んでしまう。彼らは死ぬ前に生殖を行う必要があるのだが、別の方法もある。雨粒のように他の個体と合体することだ。合体して大きくなればなるほど表面積に対する体積の比率は増えるので、ある程度以上の大きさになるとシンカーは下降しなくなり、セーガンが「フローター」と名づけた別の生物に進化する。

カールせーガンの木星生物フローターは突然変異と自然淘汰を繰り返すことで感覚器官が進化し、クラゲみたいな足も生えて自分の好きな方向へ飛んで行けるようになる。大きさを制限するものもないので、何キロメートルもある巨大な都市サイズの生き物に成長する。

 

カールせーガンの木星生物フローターにとって一番重要なものは水素ガスだ。彼らにとって水素ガスは墜落死しないための必需品なのだが、水素を大気から分離するより盗む方が簡単なので、一部のフローターは他のフローターを捕らえて水素を摂取する「ハンター」へと進化する。

 

もちろんこれらの生物は想像上のものなんだけど、こんな壮大な生態系が存在する世界なんて、考えただけでワクワクするよなぁ。

1979年、NASAの探査機ボイジャーから送られてきた木星の画像には、フローターもハンターもそれらしき生物も何ひとつ写ってはいなかった。当たり前だけど、ちょっと残念。

地球外生命はいつ発見されるんだろう? その日がとても楽しみだ。

-科学&宇宙ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

究極のエセ科学!?常温核融合が再注目されているみたいだ

日本・EU・ロシア・米国・韓国・中国・インドの7カ国が協力してフランスに建設している核融合炉、ITER(国際熱核融合実験炉)。しかし当初の目標に比べ実用化は大幅に遅れている。 人類の夢のエネルギー常温 …

AI搭載のラブドールが普及すれば、人類は子供を作らなくなる?

映画『エクス・マキナ』。こんな美人だったら、たとえアンドロイドでも惚れてしまうぜ。 とてもシュールだった昭和のダッチワイフ 今、AIの進歩がすさまじいが、同時にラブドールの進化もすさまじいものがある。 …

我々は死を経験する最後の世代?人が死ななくなるのはいつ頃か

Photo by Hugues de BUYER-MIMEURE on Unsplash 人が死ななくなるのは時間の問題 20世紀を代表する物理学者のリチャード・ファインマンは「死が不可避である生物学 …

火星を地球のような環境にする、テラフォーミング

他の惑星を人間が住める環境に作り変えることを「テラフォーミング」という。 僕はこの言葉を知った時、「SFの世界の夢物語」だと思いました。でも、火星のテラフォーミングは、現在の科学技術でもそれほど難しい …

STAP小保方さんは第6位?世界の不正に捏造された科学研究ベスト9

「STAP細胞はありま~す」で一世を風靡した小保方晴子さん事件。小保方さんがまだ若い女性であること、内容が画期的だったことから注目を浴びたが、発覚が早かったので事件自体はそれほど社会に影響を与えなかっ …