心と意識&健康ネタ

つわりは胎児と母体、両方を守っている

投稿日:2018年7月29日 更新日:

つわりを経験した妊婦に流産が少ないことは昔から言われていた。「つわりは食品に含まれる有害な物質を排除する効果がある」と主張する学者も多数存在した。

コーネル大学のフランクスマンとシャーマンは、つわりが本当に有益なものかを過去の研究データから調査した。彼らが調べたのは世界16ヶ国、7万件以上の妊娠と吐き気症状に関する研究データ。その結果、全ての妊婦のうち「つわり」を経験したのは66%で、アメリカでは64%、日本では相当高く84%だった。つわりを経験した妊婦は流産が少ないことも、統計的に明らかにされた。

さらに、つわりは胎児が最も影響を受けやすい脆弱な時期に起こること。つわりを引き起こす食品は有害なものを含んでいること。胎児に有害な物質が含まれていないものを主食とする人々にはつわりは起こらないことetc.も明らかとなった。

妊婦たちに最も嫌われた食品は肉、魚、卵。次に嫌われたのがノンアルコール飲料(主にカフェインを含むもの)。次が野菜だった。チョコレートやお菓子に対する嫌悪は稀で、穀類やでんぷん質の食品、果物やフルーツジュースに対する嫌悪はほとんどなかった。全体的にみると、動物性の食品を嫌う傾向が顕著だった。「肉類は腐敗しやすく、病気になるリスクが高いためだろう」とフラクスマンたちは述べている。

女性の免疫は妊娠すると弱まって、胎児という異物が体内で成長するのを許容する。そのため、妊娠中の女性は様々な微生物に感染する可能性が高まる。フランクスマンとシャーマンは、つわりが胎児を保護するのはもちろん、母体も保護していると結論づけた。つわりにより匂いに過敏になるのも、腐敗した食品を嗅ぎわけるためだろう。微生物の脅威が現代よりはるかに高かった過去に於いて、つわりは有害な食品を食卓から排除する役割を担っていたのだ。

-心と意識&健康ネタ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

信頼のホルモン「オキシトシン」には、攻撃的に作用するダークサイドがあった!!

女性の出産時と授乳時、愛する人とのスキンシップやセックス、ペットとのふれあい等で分泌されるホルモン・オキシトシン。他人を信頼し協調する作用があり、さらには※自閉症の治療に有効かも?と今、注目されている …

新型うつ(非定型うつor適応障害)の原因はドーパミン不足じゃないだろうか?

※以下は僕の個人的な意見であり、医学的根拠はありません。 僕は嫌な仕事を先延ばししていると、うつ状態になることがある。 特徴は、気分が異常に落ち込む、何をするのもおっくうになる、身体が重くて起き上がれ …

子育ての違いは、子供の性格や行動になんら影響を与えない

巷には育児書なるものが溢れている。どうやって育てれば子供を立派な人間に、幸せな人間にできるかは、パパやママの重大な関心事だ。 しかしひと口に「育児書」と言っても、その内容は千差万別だ。子供は優しく愛情 …

産んでいい障害と産んではいけない障害~産んでいいドットコム

産んでいいドットコムというサイトが物議をかもしている。このサイトは障害を出生前診断した上で、この障害は育てるのが大変だから「生まない方がいい」、この障害は育てるのにさほど苦労がないから「生んでもいい」 …

ガテン系の人がコンビニ店員に好かれるのは、筋肉が発達しているから?

コンビニのオーナーの話をネットで読んで、へぇーと思った。 コンビニの支払いでバレてしまう「人としての器量」 ガテン系、いわゆる肉体労働者の人は気さくで優しいのでコンビニ店員たち人気があるが、ダークスー …